カテゴリ:大会( 25 )

えっちら雪の中

ウー助だけ大会。

スキーリゾートへ。
四駆のほうがよいといわれたので電車で。
ものすごい混雑・・スノボの人がすごく多い。

リゾートのシャトルバスがまだなくて 雪道をスーツケース引っ張りながら 会場へ。いつも使わない筋肉をつかって歩いたのでなんだか筋肉痛。
大変だつた。

本来なら ウー助は学校で五年に一度の科学祭というのがあったのに 大会に来てしまった。
大変大きなお祭りだったのに。

その分楽しもう。というコンセプトになった。
ホテルは広いし キッチンも冷蔵庫も着いているのでお茶やスナックも取りやすい。
ベッドも硬くて快適。もちろん清潔。
美しい雪景色。
晩は友人にもらった温泉の素入れて ゆったりお風呂。
ゴハンもウー助好みの地方料理。試合前だというのにデザートばっちりどっさり。

先生はいなかったけれど、あまり変わりなかった・・というのが感想。
コーチのアテンドがあるかないかってただ 習慣性のもの・・かな。なんて。
(特にウー助は オトコ先生でトレーニングできているから。自分で時間を計り、いつ靴履いて・・先生をほら、いきますよっと連れて行く。D先生のアテンドの時、任せてしまったので自分で時間をはからず6分間に遅れてしまった。そしてまたウー助は任せるのは良くないと学んだのだった。)

ママ友に聞く所によると 妹の試合におねえちゃんがアテンドしたり 一人できているスケータもちらりほらりいたりするよう。

以前夏にトレーニングに来ていた土地、リンクも更衣室もレストランも良くしっている。
やはり 知っている場所というのは緊張しにくいらしい。

ウー助はパーソナルベストを
出すことができた。

マイナスのないプログラムだったけれども 取りこぼしはしっかり。残念。
もし・あの時 アレをアアしていたら・・と 何時ものように言いたくなるけど 今回は本当にあー もうちょっとだったら感が大きかった。きっと本人が一番かんじていることだろう。

+++++++++++

ここの氷は自分が何かしようとする前に 氷がエッジと足を ジャンプに進ませてしまう感じ。
とってもキライな氷・といっていた。
へぇ。
やりにくい氷だと思うよ。みんな失敗してたじゃん。

ふーん。そのせいなの???っ そんなのあり? だから失敗してたの??

グランプリファイナルではみんな暴れたジャンプしていて ずいぶんとあわせるのが大変だったのだな・とおもったけれど、こういうレベルでも いろいろと感じているのね。と妙に感心。
[PR]
by Maryane | 2012-12-10 05:11 | 大会

初戦

先週末。

よそに比べて ほんの数試合しかでないムスメラの初戦。
D先生はロシアで付き添いなし。

晴れているし すごい景観ののこぎり山だし雪山がその向こうにつらなっているし 
観光地で町がきれいだし その上10月なのにとっても暖か。リンクの近くを散策するときれいな川がながれているし、うきうきする。
それにどこの誰に何を聞いても みんなものすごく親切であたたかくてやさしくて なんてフレンドリーなところなの。レストランのサービスもとても暖かだったし、お味も良かった。
ホテルも清潔。フロントの人も親切なだけじゃなくて温かい感じの対応で とても気持ちよく滞在できた。
観光地として わざわざここには来ないとおもうけど ○をたくさんあげたい町だった。

More
[PR]
by Maryane | 2012-10-23 16:21 | 大会

C太試合病

c0047812_23122143.jpg最後で最大の試合 といっても今シーズンは三つしか出なかったけれど・・試合後にD先生とパチリ。うれしい。D先生とのショットは今まで一つもなかったから。先生かわいいなあ。美人さん。
(こうしてみるとC太大きい。体力テストで計ったら C太147cm うー助158cmこの冬二人してすごく大きくなった。びっっくり)

クラブの役員にこの大会の記念写真おくってね、ホームページに載せるから・・って言ってくれる。
表彰台から遠いのに・・
いやいや、いい成績よ。
A先生との写真とかない?
無い。
C太の成績わかった時点で帰っちゃったし。
残っていたD先生との2ショットを掲載してもらったら・・うーむ やっぱりまずいであろな。
ああ めんどくさい
・・・・・・・・・・・

さて 最後の試合。

だれでもかかる 試合病だけど C太の試合病は実に重い。たまに試合で あ、この娘(コ)も・という超緊張タイプをみかけるけど、それにしてもである。
ほんとうに、催眠術でもかけて 潜在意識から緊張をほぐすとかないのかいね・・とかまで思う。

だいたい1週間から10日 精神と体の自由が利かなって すべてのタイミングが早くなる。
性格もちっとばっかし悪くなるし 猫背になる。
スピードも落ちるし ジャンプはほぼきまらなくなる。
が、予後は良し。
試合の翌日には完全に回復。ケロリ。
あのもがき苦しんだのはいったいなんだったのか。と思う。

・・・・・・
今回の試合
知り合いもほとんどいないし 先生のアテンドの負担は我が家のみだし 
ご飯もずっとほっぽらかしに出来ないし 

アルプス越えのトンネルでは 莫大に渋滞してて帰宅したのは夜10時になってしまった。
あー づがれ゛だ

・・・・・・・
全体に 左腕がさきばしっちゃって体が開いちゃう。
自分でビデオみて どうにか 戻す。がショートがまた ヒラキ
練習でどうにか ぎりぎり戻し・・
フリーでまた開いてしまった。ものすごい早いタイミングで 全く別人別もののジャンプ。

C太が病を克服・・とまではいかないけれど 戦った成果がもう少し見たかった。
転ばなかったということは 微々たる歩みだけれども ましになったということか。ダウングレードも出なかったいうことは 早すぎなりにも少しは我慢がきいて 締めることができたのかも・・

・・・・・・・・・・・・

試合翌日の本日 休んでもよかったけれども スケートにいく。
今までのフリーを30秒長くしたプログラムをD先生と作る。

まるまる30秒一箇所だけで増やしたので プログラムの残りの部分はほぼそのまま使える。
振り付けが終わって一人になって ジャンプをいれてプログラムを滑ってみる。

・・・パーフェクトなジャンプ。先週 特にひどかったルッツが・・試合の終わった今、悲しくなるくらいいい。
疲れているはずにのに パワーだってばっちり。

C太 すごいやん。・
・・でも・・・一日おそかったね。

エヘヘ。

もったいないと思わん?

うん・・思ーう。

ま、君なりにがんばったってのはわかるけど、今日のプログラム見ちゃうと・・

うーん。自分でも思うよお。

・・・・・・・・・
今年はアジアンな服のコがフリーには一人もいなくって C太の衣装 よかった。
曲だって きれいで流れるような曲ばかりがつづいたところに なかなか目先がかわっていい感じだったのに・・パワーがアレではね。

.........
果たして、C太の試合の未来に 光明はあるのかのう。
がんばれ C太。
[PR]
by Maryane | 2012-02-29 23:41 | 大会

週末のC太

週末の小さな小さな大会
C太はやっと台に乗ることができた。初めての真ん中。

月曜日にコリオやジャンプの位置をかなり変えてしまったものの怪我で滑っていなかったので 氷の上でプログラムを忘れてしまったC太。

はじめからキメのキックポーズがぬけているC太。あがっているぞ C太。ああ心臓に悪い。

見に来ていたうー助も・・「C太見に来て欲しいっていうんだけどさ・・C太があがっているのみるとドキドキするからみたくないんだよね・・」母同感。きっと先生も同感。
でも今回は小さな大会ということ 怪我でだめもと、基本を考えてしたことがよかったのかのう。
エレメンツがほぼ決まる。スケーティングも今までよりずっと伸びていたし。

C太は 
間違っちゃったよー こっちでジャンプじゃないのに 
えっーと 適当につないで(えーこんなところこっちに滑っていくバッククロスはいっていたっけ? とみている母驚愕、が曲にあった振りはいっているし?? この適当にたららーんと踊りらしきものがつけられるのがC太なのだ。うー助なら忘れてしまった間違ってしまった、がバリバリにわかってしまうところ・・・) 
あーこっちでもちがうう・・といいつつまたまたジャンプ
どうにかもとのプログラムにもどし終えた。のだそうだ。

膝がよく曲がっていたよ。パニックにならなかったんだ。

良かったよかった。

このことがガラスのハートのC太の自信になるといいなあ。
[PR]
by Maryane | 2012-02-06 16:06 | 大会

C太のしめくくり

ショートは ループで。
あがると 手が前に出るので ぜったい手を前に出さないっ とおもったら 足だけが先に行ってしまった。
のだそうだ。ループは得意だと思っていたので本人ショック。

フリーは C太がシーズンはじめにこのくらいはできて当然でしょう・というレベルのでき。
風邪で10日ほどフリーが滑れなかったけれど ジャンプはすべて簡単なものに差し替え。
でも、やっぱり緊張して 足が曲がらず フリップはダウングレード。
D先生がステップ増やしすぎて時間が足りなくなったジャンプ、その前のステップをオトコ先生と試合の日の練習中に急遽簡単なものに換える。C太は音楽に合わせようとするあまり、いつもジャンプを早く店じまいしようとしてしまうのだ。
でも、やはり無謀で、タイミングが合わずにそこでも失敗。でも、本人は簡単になった分心の負担はすくなくなって良かったんだといっていた。よくわからないけど、ふーん。


じゃ、目標○○点ね、とすべる前に先生がいった点もクリアー。本人はまあまあ満足したできだった。
(そうなると あのショートの失敗がもったいないなーとなる。いつもの もし、だったら。むなしいけど。)

ワタシとしての感想は・・
シーズンはじめに難しい目標を置き 遠すぎたら簡単なものに落として実戦。徐々に難しいものも入れられればいれていく、という風に進めたかったなあと思う。

美しいルッツやフリップを降りるC太をみて
ルッツとフリップたくさんいれて攻めたいっという先生の希望でそのまんま突っ走ったけれども 彼女のメンタルは全く付いていかずに試合前1週間から10日くらいは全くジャンプが飛べなくなり 試合のたびに後退していくような彼女だったのだ。途中で方向転換ができたはず・・と思う。

試合前になると練習からダメダメだったC太。個人的には そうやって 自分のヒロイズムにひたっているムスメを見るのはいやだったし何をいっても自分を立て直すことができなかったC太に なさけなさを感じる。

一方で先生に対して納得できないものが・・・。
C太に いつも チーキーになれっ。アタシをみてって 傲慢になれ みたいなことを繰り返し繰り返しいっていた。そりゃ、なりたいってば・・ハイハイそれはもうわかりましたって感じ。とC太。
わかったけどそうはなれなかったC太。上がり症なニンゲンが突然そんな風にかわれるものじゃない、てのはコーチを長年していてわからないのか・・と。

えっとつまり
人それぞれ メンタルの強さは違うのだから 自分で描くギャンブルな希望をC太に押し付けず もっと そっと試合運びをしてほしかった。母の立場で口だしするのも悪いかとおもい、そのまま来てしまったけれども やはりここはC太を守ってやらねばいけなかったのがワタシの反省。期待してくれていたのは感じるけれども、納得できなかったらやはりどう思われてもいいから自分の意見も言うようにしないといけないのう。

C太は 最終結果で 去年までは絡んでいたお友達にはるか先に行かれてしまった。
緊張するのはみな同じ。
自分がじたばたしている間に みんなは先に行ってしまった。
というの、わかったかな。
これから 精神的に 成長できるのだろうか・・C太。

低空飛行のムスメタチを持つと 親は大変だなー。
ワタシャできた親じゃないし、お金あまっちゃって余っちゃてしょうがないのとちゃうし・・
あーあ。なんで こんなんで続けているのかな。とまあ、ぶっちゃけいうと思うわけだ。

本人たちは絶対やめたくない・・そうで・・。

ま、ため息たくさん。
[PR]
by maryane | 2011-02-14 23:37 | 大会

二日目

夜八時半といううー助のドローを引き受けてくれたオット。C太よりの滑走のうー助カテゴリーは予定より30分早くなったとのこと。
C太も早くなっているはずだという。
C太のドローのときは何もいわなかったので オンタイムで進んでいると思っていたワタシ。

そのつもりでいたら うー助が早くなったのにC太がオンタイムなぞありえない キミがちゃんと聞いて無いからだあっ と朝からばたばた。大慌てで会場に着いたものの C太のグループはやはりオンタイムであつた。なによーっっ。
まずここで大変疲れた。
・・・・・・・・・・・・

C太は
もちろんルッツなし。ループもフリップもきまったけれども
ダブルのところがシングルになったのもいくつか。
滑走前から とてもエネルギッシュなお友達とずっと一緒になって ハイパーにエネルギーだしまくり。
みているこっちはハラハラ。ま、案の定続かなかった。やはり三分の後半にはよれよれでスピンに飛んではいるのもやっと。
まあ おなか壊していたにしては よろし。しかし、やせてしまって足が棒のよう・・
でも、自分ですべりきれればよいと思っていたのか キモチのコントロール悪くはなかった。ドラゴン影もなし。
こちらもそういう意味ではハラハラせず。

C太に付き合って早くから一緒にでたうー助は・・・待ち時間が長い。
昨日を引きずっている感じ。最後になったらいやだ・こわい・とか言い出す。そんなことあるはずないやん。
とはおもうが 本人暗い。めずらしいな。
途中から眠い・・と言い出しベンチに横になったりしている。
先生は ボク緊張すると良く眠くなった。といっていた。

結果、ハエのとまりそうなとろとろスピードのフリーに逆戻り。
本人全く気がつかなかったらしい。

いつもならきれいに幅と高さのあるループのコンボも ぐりんと。あーあ。

自分で疲れないようにコントロールできないといけないなあ。
それからC太につきあわさせるうー助はかわいそう。

二人とも真ん中あたりの順位で、C太は大会にでて良かった。
うー助は ショートで躓きから いろいろもったいなかった大会であった。

しかし、二人に付き合って二日間というのはほんとに かあちゃん疲れたぁ。
[PR]
by maryane | 2010-12-19 23:34 | 大会

小なれど大会一日目

クリスマス一週間前の小さな大会。

C太は三日間ノロウィルスにやられて飲んではいたけどすずめの涙ほどしか食べておらず。火曜の夜から下し始めて熱もあった。氷にのるような状態でもなく棄権と思っていた手けれども大会前日もOKで当日はぴんぴんしている、出たいということで 参加。
夕方からの近所の試合なので昼間アイスにのってみる。靴がゆるくなっちゃったなどとおそろしいこというしやっぱり息切れしているって。
腹筋背筋に力がはいっていない。右肩が前にでる。ふりまわされている。
ルッツ トウループを 得意のトウ トウに変えたらいけると思うと その線で行くことに。

大会で滑ってみると あーーー 大きい。はじめのトウループ大きすぎ。なにもそんなにでっかくとばなくったって・・
結局シングルしかつけられず。結局はいつもと同じパターンに・・
でも、本人は気持ちよくすべれればいいと思っていたらしく そのように終わる。もちろん結果はついてこないけれどPCSは良かったのでは・・ しかしエッジに乗っていないなあ、この人のすべり。

うー助。
この人は安心してみていられる・・ハズだったのだけど 音楽がなぜかちょっとあとから始まった。

ええっ、とあせってぱぱっと先生を振り返ったけれども とっさに合図が無かったので ああっ・・ままよっ
そのまま滑り始めてしまった。
はじめが欠けただけだけど この ぱぱっ どっ、どうすればいいのっ という一瞬のあせりがあったので その分また遅れてしまい もうそれからはパニーック。(本人が思っているほど遅れているわけではなかったと思うが・・曲掛け自分ですると良く曲始まってからスタート位置までたどり着いて踊り始めているし・・。ま、試合だから違うとえばそのとおり)
嗚呼・・

先生も気がついて 音楽担当の人をみたけれども もう一度うー助を見たときにはすでにうー助が滑り始めていてので そのままに。
ショートでは絶対ミスしないような安全パイプログラムで自信もあったけれど もうふわふわしていてココロここにあらず。踊りもどこいっちゃったの。
そしてフリップで転んでしまった。
スピンでトラベリングなんてココしばらくみたことないのに あああ、イギリスにでもいっちゃったよ・・とぐるぐるぐる・・・と

おわって珍しく 泣きのうー助。
ああああっ、自分がいやだっ。悔しいっ。
自分の目標を決めて それをクリアする自信があったのに この失敗でそれががっくり崩れてしまった。(多分・・)

しょうがないよ。初めて起こったことだし。対処できなくたって。
今それが起こってよかったやん。小さな大会。

でも そういう時は うごいちゃだめだよ。
ジャッジにいいにいかなくちゃ。向こうは気がつかないからね。
はじめちゃったら 集中しなくちゃね。

今度どうすればいいかわかったし。
次からは気をつければいい。


といっても 集中できずに崩れた自分が悔しいらしく キモチ処理するのにみなから離れて しばらく 
うーっっ 自分が嫌いだあっ と吼えていた。


二日目 C太は最後まで息切れせずドラゴンださずが目標か。

うー助は キモチを切り替えてフリーだけの目標を。
スピードのあるすべり。伸びのある力強いスケーティング。(ここのトロさが何よりいつもイタかった。)
クリーンなコンボ、スピンをきちんと・かな。
あなた、集中すればできます。
(きばると右体側を少し押してしまうのでコンボの着氷で右がきちんと開ききらない。 ぐるりんとまわってスピードがおちるしテイクバックしなおしなんてことになり→グリンコのパターン。右肩ブロック。締めておくれ。ひたすら。締めて開く。ああいうは安し。)
[PR]
by maryane | 2010-12-19 13:49 | 大会

大会二回目 10分前到着

クラブ内でのコンペを除いて 二回目の大会が終わる。

街の旧市街で毎年三日間にわたって開かれるクリスマスマーケットにムスメラのスケートクラブも参加していて ブルチートという ま、いうなればケバブのようなものを売るのも同時に行われた。
Co-責任者になったは良いものの ムスメラの大会が重なり 午前午後と二日間にわたり忙しく、日曜日にやっときちんと手伝うことができた。
えっ、うち? そんな時間ないわ・と全く手伝わない人たちもいてハラの立つこと。このスタンドだけで50万以上の売り上げがあるのだぞ。それでアイスも買っているのだぞ。
誰もが利益を享受しているというのに。
なんらかの形で年間クラブに労力を提供するのは義務といっているけれども ワタシが 義務だからと誰かのところに迫るわけにもいかず人集めが大変。結局決まった人数の人々が何回もシフトを組むことになってしまった。シフト表を組んだワタシとしてはまこと申し訳なかった。ワタシがいるべき時間にいられないためオットに会社の休みを取ってもらい急遽ワタシの代わりにいろいろと働いてもらってしまった。こういう予定ではなかったのだけど、ありがとう。すまん。

(それからねー。手伝おうとしもしない父兄のみなさまの中で選手にアイスをあげばかりというヒトたちもいるが、未成年の選手は年間規定の時間を練習することによってスポーツ協会から一人につき結構な額のお金がクラブに支払われるのだ。確か20万だったか・・??? 
選手だって氷使ってばっかりいるわけではないのだ。練習することですごくクラブに貢献しているのだ。このこと知らないと思うので今度 話しておかねば。これは役員の役目なんだけどなあ。)

が、そのマーケットも終わった。今年は寒かったなあ。

・・・・・・・・・・・・・

More
[PR]
by maryane | 2010-11-30 04:31 | 大会

ま、次がんばってね・・と

C太 
フリーにてウォームアップ中ついにドラゴン発生。
フリップの着氷がイマイチだったけど先生が次のジャンプいけというに いやだこのジャンプもう一度しなくちゃいけなっ どーっと涙っ。状態に突入。
観客席がすぐ近くなので全部聞こえてくる。

あちゃあああ。
大ドラゴン発生。トリプルA級。それもまだ滑り始める前から・・
肩もあがっちゃってるしもうだめだああ、この子。
ルッツをやる時間がなくなってしまい 先生急遽トウに変更指示。
一番滑走。涙 拭いてふいて ごしごしごしっっっ どうにかカオなおして出てゆく。

ひぃーひぃーいいながらすべる・最悪のケース。キミはここでみんなにドラゴンの存在をさらすのかあああ
トリプルAだかゴジラだかしらんが ああああ もう街は壊滅した、轟沈・・・。(ハハの心)

と思ったら どうにかこうにか彼女としてはまとめてきた。5つのダブルははいったので こっちがびっくり。
がスパイラルの秒数が足りずにノーカウント。
コンボ含め9つのダブルジャンプ実際に飛んだのは7つ。でも三つのうちの二つのコンボがつけたものの回ってしまったときに足をつけたりしてカウントされずシークエンス扱い。何にもつけないで単発で跳んだほうがよかった結果に・・・
こんなのってアリ・・なんだなあ。

あ・・・だめだ。単発にしたらコンボをいれる規定にひっかかってやっぱり減点。いやシーケンス扱いになるのか。いずれにせよダメだったと。

スピン二つがレベル1.
D先生はレベル1でプラスを取りなさいといい
オトコ先生はレベルねらいで行けというのでどうしていいかわからないといっていた。

ま、いっぱい練習しましょう。

途中 おカオが なんとなくにっこりに見えたのは気のせいか どうした C太 もうやけくそか
と びっくらこいてあとで聞くと 
先週みたいにべそ顔のせいでPCSをさげられたらいやだから こころはドラゴンなれど とにかくにっこりしたのだ
とのこと。
おー えらい。テラプシコーラにもかいてあったじゃないの 口角があがっているとネガティブな考えをしにくいのだって。
きっと効果あったよ。だからとにかくジャンプダブルもいれられたんだよ。

でも、もともと線は細めのC太 曲にあわせてパワフルに・・とはいかなかったね。残念。
大だいすきな このプログラム もっとパワフルにかっこいいってのをみんなに見せられるようね。

あと収穫は
パワフルな他のスケータのプログラムをたくさんみて おおっ、こりゃドラゴンなんぞ出している暇ないやん。
それどころじゃないどころか いやーがんばんなくちゃっ
と 思ったらしいこと。
ドラゴンどうにか撃退は えらかったけど 次回はドラゴン全くなし。
同じドラゴンなら 自分が ドラゴンファイターで がおっ といっておくれ(って一足飛びにはいかないけどね、目標ってことで)
・・・・・・・・・・・・・・・

うー輔。
この人のジャンプどうも昨日から着氷準備がおそいので 締めたら開いてね と開く開く開く ズバッっ
というのをしつこくいっておいたので 肩と腰がねじれて転ぶとかコンボがつけられないというのは避けられたけれども 慎重なあまりか スピードもなくコンボで三つのダウングレード。ああああ
ルッツは 差し替えの練習はしていなかったけれども ループに変更。すぱっと決まってよかった。
試合のときは足まがらないから 足も曲げてね。曲げないと跳ばないよともいっておいたけど これも最後に いっておけばよかったなあ。この最後に一言って結構役に立つもの。先生は何にも言わないし。

そして ああああ、C太のコリオスパイラル時間がたりなかったよ・という話を聞いていたとおもうのに・・やはり足りずに ノーカウント。

ぎゃっ。2点をこんなことでなくすなんて。この人スパイラルでプラスもらえるハズなのに。
(時間とは関係ないけど そういえばなぜか先生は簡単なものしかいれていない。 この人はコアが結構しっかりしているのでスパイラルいつも安定しているのだ。前々からこの件に関して先生と話したいと思っていたけれども 先生と話すのって難しい。シロートの口うるさいママはこまるよ と思われるのではないかと思うし。
こういう風にかんがえるがどうか・・と話し合う権利はレッスン代に含まれているはずとは思うのだけど まあなかなかいえないでいる。ムスメ自身がこうしたいといえばいいのかしら。
本人はいつもレベル4だったスパイラルこんな簡単なものでいいのかしら・・って先生がそういうからとしか考えていないのだ。)

スピンは回転たりません。自分ではまわっているとおもっているのだな。ポジション変える前にちゃんとまわらなくちゃ。そんなところもしっかり意識していない。

試合にでるというのは勉強になるのう。

全体としては
この人はやっぱり緊張してスパイラル足りないとかスピン回転足りないとかはあるし けど
メガトン級ドラゴン発生 なんてことは絶対にない。今回はころばなかったけど転んだりしてもその後大きく乱れない。C太の後なので やけに気楽にみていられるのだった。
本人も 自分は乱れないと思っているのでそのラインにそって試合を運んでいる。今のところ。ここはすごく良い点なり。

先週ぼろくそだったPCSも三点近くアップ。それでもかなり低いけど努力のあとあり。
もっともっとスピードほしい。曲はこのままでいくのかなあ。

やはり一度アテンドはD先生にしてもらってプログラムが試合でどうなるかをみてもらいたいものだ。

衣装はひらひら右の腰から左に変えて あーよかった。なんか安心する。まっとうである。視覚というのも右利きにでてているのだな。
シュシュにもちょっぴりだけヒラリンをつける。
この前見たときより 良く見えた。イメージとしては水の流れを意識したいのアームにちょびっとひらひらのついたのつくろうかなあ。
[PR]
by maryane | 2010-11-15 00:42 | 大会

大会

第一日目
C太のショート 練習で自信ありのルッツ 両足着氷 だぶんグリンコ 自信をうしないフリップがシングル。
うーん これでは点がでない。
こういうときに スピンがよければいいんだけど スピンはそっちのけでやってきたので こちらもイマイチ。
だけど 緊張せず 演技はよかった。

フリーはうー輔のショートの前だけど別記
・・・・・・・・・・・・
うー輔。

昨日C太のショート付き添いで 彼女は自宅。忙しい身なのだ。オットの帰りも遅かったが・・大会の用意も補修校の宿題もしておらず。いつまで母ちゃんがぜんぶそろえたり尻たたかなならんのん。

さてショート。
大崩することもなく でも緊張はして フリップで着氷乱れ。
夏までできていたルッツはもうどこかにいってしまったので ループでのコンビに手堅く。

レイバックの形かえるのはやすぎ・・

・・・・・・・・・・・・

二人ともショートのあと くたくたになってへたるという去年のうー輔のような状態にならなかったのは 大変よかったのであった。

つづく
[PR]
by maryane | 2010-11-14 00:10 | 大会


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル