人気ブログランキング |

一番安全なルッツの踏み切り

ルッツの飛び方 大きくわけで 二種類ある。
体重移動のある飛び方。体重移動の(極々少)ない飛び方。

フルッツ インサイドエッジになってしまうルッツの踏み切り。
これを飛んでいる人たちは実はすごく難しい飛び方をしているのだ。

左の足でアウトサイドエッジにのり 左股関節を上に開き重心を左に乗せてしまう。
骨盤右は上の方にあがっている。

この状態で右トウを突くということはすなわち左にあった体重を右に移すこと。
左のちょうつがい(左股関節)でつながっていたドア(体の幅)をパタンと右に閉めるというか・・

この体重移動は左に乗れば乗るほど アウトに乗れば乗るほど激しく起こるので 右に体重移動がどっと起こったときに左のアウトサイドエッジを保つのは至難の技。
特に腰幅の広い女子には向かない・ドアの幅が広いので体重移動も大きな動きになるのでタイミングを合わせるのがむずかしい 飛び方だと思う。

町田君などこのやり方でも完璧なルッツを飛んでいるけれども・・これば非常に難しい
真央ちゃん、かなこちゃん、ショウマ君なども同様のやり方だけど苦戦している。

ルッツ正しいエッジ最短距離の道はええっと確か大ちゃん 織田君 美紀ちゃん 隣国のアレ あっこちゃんなどがやっている飛び方 

助走は左足エッジはインサイドにのってからアウトという形になることがおおいけれども とにかく一番のポイントは

左の股関節をちょうつがいのように開かないる左に体重を乗せないということ。
左の足一本で立たなければならないのだから難しい、かつ、左足が後ろに伸びていくのでとてもとても不自然な形。
けれどもそこは インナーマッスルでささえる。左股関節は出来うる限り開かず、骨盤の左右は出来る限り氷と平行。
左脚を上げてトウをつかなければならないので どうしたって左股関節はやや開くのだけれども、

わざわざ左に体重を乗せるために開くのではなく たまたまちょっと開いてしまう状態。
でも、イメージ的には背中をはって左脚を曲げながら、お辞儀・その時右足は後ろに引く。
お辞儀するときに誰も体を斜めにしたりしないので体重移動も起こらない。

これなら左から右への体重移動が起こらないのでほぼ真後ろに突いた右トウが左足に近づいてくる時、
否が応でも左脚はアウトに倒れるしかないのだ。

みきちゃんや織田君は ルッツのエッジの具合がおかしいときは 調整のために飛ぶ前に両足を一瞬氷の上に乗せるということをする。
これは体重移動を起こさないというための抑制、確認運動と思われる。

というわけで 体重移動をしない、おこさないルッツ。これが一番。

ジャンプの直前にアウトにのるけれども激しくアウトにのれる。というか繰り返すけれどものらざるを得ない。
安全簡単な方法であります。

真央ちゃんとこづの動画比較があった。真央ちゃんは極力骨盤を下に向けて締めようと努力しているけれども最終的に左の股関節を使って体がちょつと開いてしまっている、結果的には体重移動につながっているのがお分かりいただける動画。んー残念。こういう分析は行われているのだろうか・・。分析さえすれば対策は取れるとおもうのだけど・・(大ちゃんのジャンプに関してもそう思う。おこがましい言い方だけど・・)
お借りします。


アウトサイドエッジ踏み切りがたらといって ずーとアウトサイドに乗れなんて誰もいっていないのに、どうして多くの選手は 難しい方法で飛ぼうとするのだろうかのう。

+++++++++++++++



左股関節を開いてはいけないのだ・・という地点まで達しているジャンプも多々ある。
フルッツを取られて極力その点を意識している様子もうかがえる選手も多数。

なのになぜ フルッツになるか。

ルッツジャンプはアウトサイドに乗るという固定観念が強すぎるため・・
どの教科書を紐解いても ルッツジャンプは長いアウトサイドエッジの助走があって・・とある。

ながーい間 アウトサイドエッジに乗るとどうなるか・
(いつもエッジをとられている選手は恐怖のあまりさらに激しくアウトサイドエッジに乗っている状態)

そうすると右足を後ろに突こうとすると股関節の動きに 




それでもやっぱりフルッツの場合の問題点をさらに分析してみよう。

そもそも・・フィギュアの教典を数少ない教典を紐解くと・・
ルッツは長いアウトサイドエッジの助走から飛ぶ・・
なんて書いてある。

これを普通に忠実に実行すると 
当然左足に重心をかけるようになる・というのは前述の通り。
でも、腰を開いてはいけない・・・とココまでたどりついた時、選手が一番やりやすい腰を開かない方法は何か・・

それは左股関節を前後の動き(お辞儀)の動きだけに使うのではなく 左の股関節を中心に(この時点で後ろ向きに滑っている人間の)時計回りに骨盤を後ろに引くことに すべての原因がある。
この状態では
左股関節は体のバランスを保つため お辞儀するときの90度よりかなり小さな角度で骨盤を支えることになる。
その上激しくアウトサイドに乗っているのでこの時少しでも トウをつくために骨盤を上げると相対的に お辞儀ルッツと比べて左股関節がすごく開くことになってしまうのだ。

自分でやってみるとよくわかる。オフアイスでも。
by Maryane | 2013-10-09 14:45 | スケート


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル