人気ブログランキング |

エリックボンパールちょいとジェレミー

ムラ君おめでとう。やっとまとまった。
グランプリの派遣先ちょっといろいろ疑問。
今回ムラくんはチャンスを生かせて素晴らしかった。しかしジャンプのでっかいこと。エッジの深いこと 早いこと パワフルなこと。ティーンのころからオトコだったけれども なんともダイナミックなことよ。

しかし、不思議な衣装。

アボット兄さんが・・すごい
毎年、自分の感性をスケートの上に紡ぎだすようなプログラムを 由香さんと作り上げてくる人だけど 去年までは気持ちというか自分の表現したいことが10だったら踊りのレベルというか体の使い方表現能力が7とかいう感じに見えて仕方が無かった。ジェイソンブラウン君のほうが、表現のための体の使い方がずっといいと 書いた記憶がある。ジェロミーはうらやましいだろうな・・と。

でも、今年は微塵もそんなこと感じなかった。ただただ、彼の感性 彼の紡ぎだす世界を味合わせてもらうばかりだった。
たとえばモーロゾフ(失礼、世界でも指折りのコーチ振り付け師でした) あーしてこーして ここにはこれをいれる。というパズルをみているよう。テーマがあって これにはこう、これにはああ、衣装はおもいきってがつーんと アイスダンサー仕様なデコで雰囲気だす。かっこいいしうつくしいし点がでる。(最近は? 要注意 戦略練り直しがいるのでは・なんて思うこともあるけど) でも、振り付け師がこう戦略を練っているんだなというのが 見えてしまう。脚本のト書きがみえてどうする。

ジェレミーのは どこかでみたことがある とか スケートってこういうものだという概念からかけ離れている。
スケートってこんな風ものだったけ 美しい 美しい と 思いながら(いや、この動きからこのジャンプ?とおもったりも)。
男子の長いフリープログラムは 時々みている途中 ん・・で、それで? と飽きてしまうことさえあるけど この世界観を保ったまま リリカルに繊細に それもものすごいスピードとうつくしいスケーティングで最後まで。
彼といっしょに終わった後は夢から覚めたようだよ。

競技にいる今は最高レベルのエレメンツを組み込んでいるわけで、われわれは今すごく貴重な瞬間に居合わせているんだなーなどと 今から思うのであった。

しかし・・出場男子全員クワドいれている。クワドなんてちょろい・・猫でも飛べるジャンプだったのか・・と錯覚しそうになるこの すごさ。ジェロミーがんばれ。

んー わたしゃやっぱり男子シングルが好きだあ。このダイナミズム。迫力。戦いの激しさ。

女子もよろしいんだけどね。なかなか切り替えられない、男子みてしまうと。
で、バンクーバーの話、しつこいけど・・あの時は クワドいれるなんてバカのする戦略みたいな雰囲気もあったわけで それでも入れて戦うのがオトコよっ 浪花節だった。

でも・あれから月日は流れたけれども 女子でトリプルアクセルを入れてきた子は誰もいない。
あれだけさわがれたタクタミちゃんも 結局はいれてない。

やっぱり真央ちゃん偉業。
それもあの時苦しんでねえ・・・コーチもいなくて 全日本だって はらはらしたよお
長久保先生がちょっとアドバイスくれただけで 立て直して。

過去は過去だけど・・
ジューベールも四回転マシーンなんていわれてたけど 今苦労しているし。

トップアスリートの年齢が上がったときのトレーニングの仕方とかもっと研究されるといいなあ。
ゴルフみたいに。

で、ジェロミー
繰り返す。
すべてが独創的かつ美しい。

初めのトリプルルッツに入る前の右腕の残し方 流れるような曲を壊さないようにそっと最後まで前に残す

キャメルの入り方だって流れの一部だ いつキャメルに入った? 長い脚が美しい
フリップオーバーでまたまた その脚の長さで スピンの美しさが際立つよ

気持ちを残したままバッククロスから次のキャメルまでとてもワタシのつたなさでは表現できない。
それから脚換えでフリーレッグを持ったままあがっていくのだけれども この一連の動きは レベルをとるためではなく まさに美そのもの表現そのもののためだけにあるようにしか見えない。



彼は・・きっと こんな風にしかスケートできないのだと思う。
すべてが斬新ですべてが新しくすべてが美しい。

規定のものなんていらない。どんな風にクロスですべっていくか その時に腕は全身はどんな風に気持ちを残しながらいくか・・
どんな風にスピンに入るか どんな風にスピンを花開かせて次に続けていくか

ジャンプのプリパレーションまでも意味がある。・・ここ すごく大変。
最後のトリプルサルウのプリパレーション は 演技そのものであって 誰がどこでそこまで要求する?
彼しか要求していない。
すべて彼の美意識。

もっと簡単に点のとれる方法はあると思う。
ジャンプが安定しないのは 調子だけではなくてこのプログラムの難解さにあると思う。
でも、彼がどうしても それをしたい。

由香さんは教えるのではなくて 彼から引き出すだけだといっていた。たしか・・

これほどの超絶プログラムでなかったら ジャンプももっと安定するのかもしれない。
けど、彼はそんなことはこれっぽっちも望んでいないんだな・・


すべてが表現で すべてが美しいです。
ジェレミーありがとう。






やっと見たショートプログラム・・
ジェレミーって 線がほそい感じのする人だけれど このどこか線の細さを感じさせるんだけどめちゃくちゃカッコイイスパイにはやられました。ハイ・・・
スタイルのよさ、衣装の渋さ・・出る前から演技は以前から。
わかっちゃいるけど それが かっこいいわけ。手袋?をきゅっきゅっとね
オトコの魅力5倍増しの ガンホルダー? ただし彼みたいに鍛えた男のみね。
ジャスティンビーバー君よ、キミもぜひ胸板と肩幅のためにトレーニングしてくれたまえ。

以前はシャイな感じがぐっと前にでていたんだけど、今年は違う。何が違うのか。
もしかして彼は恋しているのかもなあ。
フリーもなんだか 殻を脱いだように透明感というかリリカルになったし。
表現面での えもいわれぬこういう飛躍は 彼みたいな感性のオトコが恋をしたらありそうではないか。


ユーロの英解説者もべたぼめ。
全く 同感。
ばっちりなコリオグラフィー、ずっとスパイだった
カッコイイ衣装 ものすごいスピード スピンはトラベリングがあったけど。 

もうここはキャーキャーいうしかない。
ジェレミーで 黄色いキャーキャー するとは思わなんだ。

もう一度キャーキャーさせてもらいに行こうっと。
by Maryane | 2012-11-18 16:00 | スケート


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル