人気ブログランキング |

スケート雑感ルッツなど

キャロライン ジャンを久しぶりにみた。
ジャンプ矯正しているというので楽しみにしていたのだけれど・・

フリップは普通のフリップになっていたけれど あとのジャンプはかわらんように見える。

アクセルは 手を後ろに思いっきり引いて 腕の回転力で回しているし
ループもしかり 
流れの中でエッジが回転を作ってくれるのではなくて 体のひねりばかりを使っている。だから流れがない。
だからスピードつけられない。

ルッツにいたっては 昔と変らず。すがーんと氷にアナを掘るようなトウのつき方。
足の上げ方もなにもかも よろしくないと思うけど このアナ掘っているという一点で 基礎の基礎の考え方が間違っている・・と思う。

キャロラインの足 とってもとっても小さい。そんな小さな足に履いている靴 ちっとも重くないと思うから それで彼女の望む 破壊力を出すにはよほど力をこめてアナを掘らなくちゃならないのではないか・

そのうち足や股関節をダメにするのではないか??

同じようにすべてのジャンプを見直し矯正してきた真央ちゃんをみると 本人の問題もあるけれと゜コーチの問題もあるだろう・・と
あんなルッツを温存させるなんて。

キャロラインくらい一度名前が挙がってしまうと それを叩き潰すような荒療治はできなかったのかも。
個性を重んじるアメリカ人だし
非常にかわいそうである。

・・・・・・・・・・・・
キャロライン 体ずいぶん絞ってきたのはうれしいことだけれど もう一つ 思ったことが一つ。
ふっくらしているのに お尻がちっとも出ていない。脂肪のことではなくて筋肉の話。

東洋人の体型といってしまえばそうなんだけど 氷をつかんではなさない最後まで粘りのあるクロスオーバーをし続けていたら、こころがけ続けていたら お尻の筋肉もうすこし発達するのではないか・・
彼女のちいとも進まない ちょこちょこのクロスをみていると その粘りをする基礎体力というか基礎筋力が足りないのではないか・・と思うのであった。

多分コアの力も足りない。脚を送り出している間に体を支えているコアの力。下半身の粘りを出すための筋肉。キンニクの意識の仕方。
・・・・・・・・・・・・・・・
キャロラインのルッツつながりで一般ルッツに関して

ルッツは・・これだけ キムヨナ 美姫ちゃんと美しいルッツをするトップ選手が これでもかこれでもかと見せているのに アジのヒラキルッツが横行しているのに驚く。
今年はジュニアでルッツか゜マストだったので いろいろなのがみられた。

アジのヒラキルッツとは(以下ルッツに関しては完全に私見なれど)
 
左の股関節で 極論すれば 骨盤をを前後方向だけにスライドさせねばならないのに(骨盤の右側は右足ととに当然後ろに引かれるという意味)
左の脚にのっかって股関節に骨盤が右がわを上にして 乗っかってしまってること

我が家別名 犬のおしっ○ルッツ。ワンコルッツ。

先生は
骨盤はね、下向いているんだよっ 正面 というものの見本見せている姿は完全にワンコルッツ。
ムスメラはワンコにすると失敗するので 骨盤下向きというところだけ聞いて アウトにのると意識して最初から乗ると(と骨盤が左股関節にのっちゃうので)というところは聞かないようにしているの・という。いいのか・・・いいのだ。
だって先生はうー助やC太のルッツがすきだといっているのだから。

とにかく先生のやり方は
プリパレーション途中から左のアウトに入っている。アウトに乗ることをすごく強調する。
そうすると逆L字型のカーブがきつい。
はじめから長々とアウトに乗って バランスをとるためには左の股関節に体重を乗せるしかなくなってくる。
(後出しだけど・・または左股関節を左方向に極端に水平シフト=左側に突き出す: これは多分不必要なまでのアウトへの弧につながる)

そうすると右足を突くときに 体重移動してしまう。左足がインサイドに入りやすくなる。

体重移動を発生させないためには・・・
意識としては プリパレーションではひたすらまっすぐ 立ち、まっすぐ後ろに滑っていき 腕を後ろに引いた状態がたまたま体重移動を作り出し左エッジがアウトに入る。
その時右足を絶対に上げずに(あげると左の股関節に骨盤をしょってもらわなければなくなるから) フランクキャロル先生もおっしゃるとおり 氷の上一センチのつもりで後ろに引いて(そうすれば骨盤の上下運動が最小限に抑えられる=左の股関節に骨盤が乗らない=左から右への体重移動が起こらない)
つく
これはタメをつくるため。

わんこルッツとの違いは アウトに入ってからルッツをしようとしているか
ジャンプを飛ぼうとしてからアウトに入るかの違い ともいえる。

ついたあとは ダブルからは 脚同士をひきつけて タメを作る
両足 両膝まがった
ほとんど両足ジャンプみたいだけれど 左足踏み切る右足踏み切る

すると
スピードを殺さずに飛び上がれる
同じ態勢からタメた状態でほとんど同時(じゃないけど)片足ずつ踏み切っているので高くあがる


・・・・・・・・・・
わんこルッツだと何がいけないか
最大の問題は 左に重心があったものを右足でトウをつくときに右側に移っちゃうってこと。
左足でアウトにはいったまま踏み切れたとしても 重心が右にシフトしているルッツだとe判定がつかなくても 
いつつく状態になってもおかしくない。
動画を撮れば一目瞭然 体の軸がまっすぐのままふみきっているか 右に倒れて踏み切っているか。

体の重心を激しくシフトするので いつも安定して踏み切れるとは限らないのも問題。

ヒラキになっているルッツでも どうやってするのかわからないのだけれど バンバン流れもありアウトのままとびきっているルッツをする選手もたんさんいることは確か。

どうやっているのか そのあたりすごく謎・・・

・・・・・・・・・・・・
そのうち
フローランアマデオをはじめとする トウジャンプの距離が極端に狭いジャンプの構造ってのをかんがえてみたいなあ。なんとなく無駄がなくて疲れにくそうなジャンプにみえるのだけど・・瞬発力にすぐれた男子のジャンプなのかしらん。
by Maryane | 2012-02-09 17:57 | スケート


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル