人気ブログランキング |

キャロやん

以下 真実はしらないけれど勝手に言。

キャロライン ザン。
スコットハミルトンは ジャンプ少し良くなったみたいなこといいつつも、ダブルアクセルではスピードもフローもない(未来みたいに・・)といっていた。
相方の女性(名前なんだっけ)は ループジャンプ 彼女のストロングジャンプといっていたけれど 言外にいいたいのは

他のジャンプはみな癖もあるし質がよくないということでは。
ループだってスピードないし ねじりもどす力だけで回っている感じ。
高さもスピードもないから自分のジャンプ信じきれない。
ここぞというところで まわしてしまったのだ、きっと。

あのクワで畑掘ります式 癖の有るジャンプ スピードを利用できないジャンプ
全く進歩していないといっていい。かえって足の高さが高くなってきたようにも思う。

見ている人は ゲンナリだ。せっかくの美しいスケーテイングが台無し。
スケーティングもスピードがないないといわれるけれども ジャンプのところで 急にブレーキするわけにも行くまい。あのジャンプを続ける限りスケーテイングもあのままだ。

これだけたくさんの人に注目を浴びてきたのだから 以上のことは耳にタコができるほど聞いてきたに違いない。

でも、おきゃんで気の強い彼女 
未来ちゃんと一緒に世界の舞台にデビュー 人々の目を見張らせた時も いつも彼女の方が元気だった。おきゃんとかおてんばとかエネルギーとか あふれている感じだった。

でもあの頃 すでにあのキャロ式ジャンプ。
今までの自分を否定することになってしまうジャンプの改良 いや抜本的な改造はどうしてもうけいれられなかった。(想像)
何かいわれても キャロ式ジャンプを決めて 人々を見返してやる。と思えるくらいの意思の強さがアダだったんだな。

人がAといえばBという 一番難しいティーンの時期でもある。
人間だれでも一度は通る愚かさとパワーと若さのごった煮の時代。2度とない貴重な人生の一時期。でもスポーツ選手としてここを上手く通るか通らないかで命運の分かれる時期でもある。

コーチは あそこまで癖のあるジャンプを改造する勇気はない。
もしもずっと同じコーチだったら そのまま突っ走ることを許した自分を否定しなくちゃいけない。もともとそのコーチにきちんとしたジャンプをおしえられる技量ももともとないのかもしれない。生徒のつっぱしりを直そうとするブッとい哲学がないのかも。

別のコーチにあたっているのかもしれないけれど、彼女を引き受けるだけの度量と勇気のあるコーチはいないのかも。良いコーチはみな忙しいし、こういう難しいケースを受け入れても成功するか否か・・だし。

今まだ16才。いや、もう16才。世界の注目を浴びるようになって3年もたつ。

①このテクニックのままでは シニアでトップにくることは絶対できない。でもこのままだったら この人は 何故・・と折れた心のまま恨みと絶望で ずるずるつめのたたない壁を落ちていく。(あ、マンガ風)

②ジャンプを根本から改造すると決意したとしても 彼女が三回転まで新しくジャンプを身に付けられるか 誰にも保証できない。かかる年数も誰にもわからない。とにかく一度はどん底まで落ちるだろう。

選手のすべてを支配するような精神的にも圧倒的なコーチ。確かな理論とテクニックを持つコーチ。そんなコーチが 彼女を引き受けたら キャロラインにも道が開ける。
かもしれない。
彼女は 今のままで行くと表面的には思っているかもしれないけれど 心の中では助け欲しいと叫んでいるかも。

グレイトコーチとして名のしれた人ではなく、技術と理論のしっかりした若い情熱とパワーのある人が 彼女とヨツに組んで くれたら、キャロやんが 自負と過去の栄光を捨てて死んだ気になってついていったら 違うシナリオが生まれるかもしれない。
でも、それが本当に必要だと キャロやんが気が付いくころには もう遅い。かわいそうだけど。三年前に必要だったのに。それとも奇蹟はこれからでも おこるのかしら。

結局ティーンエイジャーの意地 つっぱり。子供の自主性を尊重するアメリカという世間が今の彼女の状態を作っているのだと思う。

・・・・・・・・・・
うちのクラブでもよそのクラブでも コーチがティーンエイジスケータと ぶつかって(って子供の方がめちゃめちゃなんだけど) 師弟関係解消なんての 良くみる。
んでもって 次のコーチのところにいっても やっぱりもめてのびなやんでそれっきり消えていくスケータ。

まだ消えていないけど コーチのいうこと聞かないで好きなようにしか練習しないスケータもいる。癖あるんだけど、直さない、なおさせない。そもそもそこがいかんということを認めない。
コーチもお手上げで そのまんま。まあまあというか、それなり適度に良い結果を出しているから スケータも オレはオッケーと突っ走る。
コーチはその先をみているのに。
by maryane | 2010-01-26 18:06 | スケート


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル