タグ:ボトルアクアリウム ( 43 ) タグの人気記事

ロングフィンアカヒレx2種+ゴールデン+肌色アカヒレ 

住人が増えている。

ロングフィン。スイスではもう手に入らないものだと思っていた。
さっさとドイツの近くの都市の熱帯魚屋さんにでも行ったほうが早い。いつかそうしようと思っていたのだ。

①近くの魚屋で ヤヤヤっ やせほそった ロングフィン三匹発見。背鰭の先が白と黒のちょぼがついたもの。長いんだけど すっきりさっぱりしてる。香港タイプというらしい。
そりゃそうだよね、香港って蒸し暑いから長くてもごしゃごしゃしていると 暑そうだもん・・

でもこの子らを太らせて 繁殖にもっていくのは難しいかも。今までの経験で行くと 成長期に体格が貧弱な子はずっとそのまま。あまり長生きしそうもない。

②同じチェーン店別の店にて 普通のアカヒレに混じってさらに五匹発見。
c0047812_209019.jpg


その中の一番のデブは鰭の上まで赤いけど 鰭は香港型に近いさっぱり型。
あとの4匹はビラビラら~と オスカルとかアンドレ(知ってる?)とかが着ていたブラウスみたいに ドレープを贅沢にとりました、という豪華な感じ。名づけてベルサイユアカヒレ・・爆 よそ様のブログなどみると もうタダでは前にすすめませんという感じのすごい長髪いや、超ヒレのベルサイユちゃんたちがいて、すごい。

尻尾が意外に短い。それに尻尾のくれが鎌型ではなくて ぎざぎざ。
病気? そういう遺伝? これから長くなることはあるのかしらん??

オスが一匹いるみたいだけど どうかなあ。みんなからだが大きくて実に長い。普通のアカヒレと泳ぎ方が違うのもあるけど 目の上背中との間あたりがちょっとへこんでたり 顎の巾がずい分ん広い気もする。

我が家にあつまったのは売れ残りなのかのう。 イマイチ尻尾が短いとか 痩せてるとか よくわからん。

ゴールデンアカヒレ ①金魚の色のさめた見たいなオレンジ色 2尾メス そもそもオスが見当たらなかった。もう一回いってオスも買って来よう。尻尾に黒い斑点なし。側線も黒い色なし。きれー。

ゴールデンアカヒレ② 肌色。背びれはレモン色で赤い色はなし。尻尾の付け根に黒ポチあり。体の横に黒い汚れのようなシミがある。
かなり前に3匹購入。我が家の近くのお店のこれも売れ残りだったのかなー。一匹は★に。
レモン色がかわいいかも・・とおもったけど・・・全然 可愛くない。お肌の色が オレンジでもいぶし銀でもなくて 肌色。その上にこの汚れというかシミというか。シミ
がなくて黒ポチもなかったら イエロー赤鰭とか言えるかも・・
赤い色素が少ないせいか 尻尾の赤がいつも薄い。具合がわるいのか、と思って心配になるけど 背びれにも全く赤がないから 赤が薄い・と結論している。赤の薄いアカヒレ・・。

・・・・・・・・・・・・

もし 繁殖させるなら 黒無しの金魚煎餅みたいなオレンジアカヒレがいいや。
しかし、繁殖させてどうする・・。

実家の ヒメダカみたいに ホッポッといて 数年たってからおそるおそる除いた池の中にわんさか繁殖していた。とはちゃう。
その後も 水いれたカメに何年も放置で生きていたはず。

スイスではその放置プレイでできないのが悲しい。

冬場になったら 水槽一本一番大きいのは ロングフィン。
四角柱はオレンジ(ゴールデンというより本当に橙色)赤鰭と肌色アカヒレ。
もう一本 平たくて薄い花瓶は普通アカヒレ。
と3本 必要になってくるのう。

外で飼っていますという 放置プレイなのに生きています。デカ植木鉢でビオトープ風
をするために、今年の冬は 実験的に地下のガレージで冬越しさせてみようかとも考えている。
出入の自動扉丈夫は大きな金網になっているし 循環用空気穴も窓もある。
排気ガス臭かったことはないくらい空気はよし。
でも、地下なのと六台の車の出入りでかなり暖かく五度くらいは保っていそう。
とにかく霜もおりないし凍らないハズ。 
むしろ問題は 温度が高すぎる場合かも。へんに活発になったらやせ細ってしまう。
光りもなくちゃいけないかも。プランクトンのために? 多少の栄養は取れるようになっていないといかんかも。

夏の間は長いこと留守にするから 外に放置がいいと思う。エサも少しだけやってもらうように頼もう。
大きいといっても20リットルが最大の花瓶にくらべれば 外のタライの方が格段に大きい。空気に触れて酸素もプランクトンも増えるし いつも調子がいいから。(ヤゴがよくないんだけど、一ヶ月位たったら一度チェックだな。それほど大きくなっていないはず。)

写真は・・寝起きを襲わないと撮れない。寝起きはいつも忘れてしまう。
がんばって撮らねば・・鰭の長さなど成長 確認したいし。


外では今のところ
外の植木鉢 ヨーロッパ式ブリキの洗い桶 の二本立てだから あと一つなにかデカタライか何かおいて別々に飼えるようにしたいものだ。
[PR]
by maryane | 2010-06-10 03:25 | 花瓶でアクアリウム

見た目と恋が命

イタリア人はね、とにかくまず見た目がいいってことに人生懸けているんだよ。
とにかく かっこよくなくちゃいけないわけさ。

という話は聞いたことがあった。
それからやはり 恋ですね。南の人たちは・・ 濃い。

で、グッピーちゃんなんですがね。

南方系。と思う。(ハードボイルドでバンカラで硬派な南方系の方ごめんなさい)

ひらひらひらひらひらひらひらひら してんの。鰭を。
その 色付きの鰭を 尾びれなんても胸鰭なんかも ひらひらひらひらひひらひらひらとしてんの。

前にもすすむけどバックなんかもできるの。ホバリングもするの。

そのキレイな ひれひれちゃんを もう 思いっきり 見せつけるわけ。
もうそれしか考えてないわけ。
いや、何にも考えていなくても、タタタッて小走りになったときに手首がそりかえって小指が立っているナリキリな人みたいだ。
ただ意味なく何かするときにも ヒラヒラ。自然とくさい演技をしてしまっているというか。
おらっ、しゃきっとしいっ。ひらひらしないで スイスイしろっ(んな無茶な)。

オス同士で威嚇しあってたのかもしれないけど ちがうよありゃあ 求愛だよ。
一度も交尾したことないから たまってしまってもう どうにもこうにも困っているのかもしれん。本当に便秘が健康に悪いように。
アカヒレのメスなんかだと 交尾しないでも タマゴがもれてしまうことがあるけど 魚の精子がもれる、もらすと言う話は聞いたことがないからのう。

一匹ずつ 違う花瓶に分けたときも 平たい面のある花瓶は 反射するらしく 自分の影にむかって 上下上下 うえした ウエシタと もうアカヒレが水があわなくてあわあわ苦しがってるときみたいに ひらひらひらひらひらひらしながら

あああああ、うるさい。落ち着きがない。

で、一本だけある 円筒形の花瓶に入れてみたとき、のグッピー。
やはり今まで 影にむかって求愛行動だか威嚇だかしていたのか 自分の影がみえない円柱花瓶では かなりおとなしくなった。 相変らずひらひらひらだし あっちいったりこっちいったりだけど。

で、何を思ったか オスにおいかけられて下の方にかくれているアカヒレメスにちょっかいを出そうとしている。
え、してない。
いや、してるもん。いやらしい目つき ひれつきで アカヒレのメスのうしろの方から そーっと寄っていくもん。

その証拠に(どうしてアカヒレのメスがメスだとわかるのかわからないけど)メスにしか ちかよっていかないもん。スイッと逃げられるから さわりもできないけど。

本当にこういうの見ると
おまえはっ、メスならなんでもいいのか。いや、それらしくうごけばいいんだろう。
オスはあんまりにもマンリーマンで蹴散らされるので あきらめたんだ。
最低だなっ。(となぜか怒る)

アカヒレは 前進するか 方向転換しかない。スピード感のある魚。
今まで飼った中で グッピーとベタ。ホバリングとバックする魚。なんだよー オマエホバリングするなんて まるで熱帯魚じゃないかっ(って熱帯魚だった。忘れてた。普通にメダカの一種を飼っているつもりになっていた)

金魚はあとじさりできたっけ????

もう一度いう。グッピーちゃん。
優雅といえばそうなんだけど なーんかこう潔さがない。風が吹いていくようなさわやかさがない。

ちょっとオスグッピーだけの美のさきみだれるバラ園風水槽も いいなとちらりと思うけど 廃頽しているのよ。マメなのよ。マメすぎるの。オンナの尻をおいかけるためならそのせわしなさ。

文献読んだら メスが嫌がってても スキねらっとうしろから襲いかかって同意なしの交尾しちゃったりするんだから。

どーだ、見てくれのことばかりにかまけた 女好きの 落ち着きのない しかし、すごくハンサムなオトコ。

好みがわかれても仕方あるまい。

やっぱり ロングフィンアカヒレだな。
美しく優雅でワイルドで ホバリングしない。
ちゃんとメスのあとは追い掛け回す甲斐性はある。が四六時中というわけではなく やるときはやる。ヒラヒラと華麗なる美しさもある。

かっこいいじゃないの。
願わくば ゴールデンロングフィンアカヒレと 普通のロングフィンアカヒレとそんなの無いけど めだかみたいに うっすらあおいのとか 白いのとかがいれは 混泳させて 色味の違いもたのしむ。

アカヒレの 嫌いなところは 弱いものいぢめをするところ。3匹でもだめ。4匹くらいからまあまあ。やはり五匹以上で飼うのが 弱いもんいじめを避けるのに 良いかとおもわれる。
[PR]
by maryane | 2010-06-08 06:36 | 花瓶でアクアリウム

アカヒレ ココア浴

チビが増えるたびに人に差し上げたりして 世代交代があまりすすまない我が家のアカヒレ。丈夫で長生きだし。
外にだして日がさして温度があがって2匹。夏になぜか外の植木鉢で一匹。のみ。

腰まがりも増えてきたことだしと こちらで初めてみかけたゴールデンアカヒレを3匹買ってきた。
が・・みんなして 調子がわるい。あまり元気があがらない様子。
花瓶アクアだけど広いし水もできているし・・。水温が今までより低いのがいけないのかなあ。

2匹は背びれにまったく赤みがなくて黄色いもの。側線にも黒の筋も赤の筋も入っていない。オレンジっぽいのが普通のようだけど 黄色というか色抜け気味。

もう一匹は背ピレは赤く 側線にも赤いすじ。この子が一番かわいい。

そして買ってきてから4日後くらいに 
そのかわいい子が動かなくなった。じーーーーっとしててココナツの影にかくれていてまったくでてこない。食べない。

まず塩浴。3~4日。
効かないみたいだ。

次ぎココア浴。
おお、初めて入れたとき ココアをばくばく食べて・・・フンをして
また動かなくなった。
毎日新しい水 あたらしいココアで3日ほどたったとき 今までドシンと振動があっても まったくうごかなかったアカヒレに反応が。
この日はなかなか動いていた。

が念のため さらに2日ほどココア浴。
以前よりかなり元気だけれどね あまりまた 動かなくなってきた。
体まっしろ。シッポ色なし。背びれにも赤の痕跡がある程度。
だんだん痩せてきたし。
このままでは やはり死んでしまうかのう。
水は多くても ぶくぶくないし つらいのかもしれない。死ぬのでもこんなところでは死にたくないだろうな。
いろいろ 考えて 今は住人のいない水草花瓶にうつしてやる。

しばらく ぼーっとしていて やはりだめかのう・・
とおもって数時間後にのぞいてみると

なんとシッポ真っ赤。
どうやりお隣の水槽の仲間と一緒に泳いでいる(つもりな)様子。

むむむむ。ココア浴効いたみたいだ。でも、エサをとるという考えは湧かないようなようす。忘れているのかも。

半日まって みんなのいるほうの水槽にいれて エサをちらほらとやると

食べた。少なくとも二週間くらいは何も食べていなかったはず。ちょっとココア食べた以外は。

病み上がりで疲れているみたいなんだけど 泳いでいる。
ヒレの色も一段とあがってきた。

もう少しエサ。

唇赤くして、やせた体でフィンスプレッティングされたオスにやり返したりしている。すぐとじちゃうけど。


もうすこし1人にしておいたほうがよかったかもしれないけど、あのままではエサたべなかっただろうし。

このまま元気になりそう。いや、元気になってほしい。
[PR]
by maryane | 2010-03-18 18:32 | 花瓶でアクアリウム

アカヒレ里子ボトル3L & 4L

c0047812_192040100.jpg
ボトルアクア 3Lと4L瓶。
3Lの方は 四角いジャー。4Lの方は丸型梅酒瓶風。

それぞれお正月にうまれた一センチちょいくらいのが二匹ずつ。

魚はやっぱり四角い入れ物にいれてあげたほうが良いのはわかっているけど 4Lの四角ボトルはここでは手にはいらない。
草がどっさりはいっていると 円筒形でもゆったりしているようだ。

草はデカ花瓶などから取ってきたので四角瓶のほうはちょぼちょぼ。
早く大きくなってくれるといいけど。

里子先がみつかるといいけど。
でも、こんな風に安定しているボトルになっちゃうとかわいくって 手放すのが惜しくなる。でも夏休みだのかまってあげられなくなるので やはり里子に出すべし。
(巨大花瓶のアカヒレたちは夏休み中は北側の巨大植木鉢に水草いれてほとんど放置でOK。)

IKEAでか花瓶には散々お世話になったけれども、同じくらいの大きさで いや、すこし小さいかも・・ 四角の背の高い花瓶を見つけた。ちょっとお値段が気になるけれどもこっちに移して上げたらアカヒレたちが喜ぶだろうなあ。ああ、あの花瓶が欲しい・・

その他里子に出すとき安定したボトルをいつでも作れるように半透明というか白いゴミ箱にモウ一つアカヒレ水槽を立ち上げる。
なぜかすごく隠れる。動きがやたらと敏捷。警戒している。外が見えないとこうなるのかしら。
[PR]
by maryane | 2010-02-16 19:20 | 花瓶でアクアリウム

アカヒレ稚魚 誕生

5リットルくらい入ると思うキャンディーボトルのカップル 交尾後別の花瓶に移動したら 2日くらいで 稚魚が・・
早すぎるのでワタシの見た日より少し前のか・・
昨日あたりみると まだガラスのひょうめンにくっついているのがいるので ちょっと時間差のある稚魚が ・ええっと 計 7匹くらい。

初めの世代はもう3歳になっているはず、お店で買ったときに一歳くらいだったとしたら 4歳。
世代交代もあるので 無事に育っても何匹かは よさ様に上げないで若い子を確保しておくことにしよう。

しかし、どれが 子でマゴなのか・・もうゴチャゴチャだ。新しい子をいれてあげないと本当はいけないよね。

アカヒレ花瓶がなかったらさびしいからのう。
かわいい上に
夏は北側の外のデカバケツだの植木鉢だのにいれときゃ 世話なし。旅行にもでられるし 冬はほとんどでかけないし・・

友達のところの里子にだしたカップルアカヒレも今年の夏 外で過ごしたらしい。
[PR]
by maryane | 2009-10-06 03:47 | アクアリウム

アカヒレ恋のお作法

アカヒレ オスはみてると本当に面白い
好みの描写しかできない ポルノ作家みたいだけど いつもワンパターンなのだ。
必ず 同じような感じで恋が進むのだ。
そして 見るたびに毎度のことながら 吹き出しをつけて セリフを言わせたくなるのだ。

というわけで また同じことをかいてしまう。
アカヒレ交尾なんてカテゴリー作ろうかしら。

・・・・・・・・・

今日は水換えのせいか 恋が一気に進展・

その気のなさそうに見えるメスだが、とにかくつつきまわしていて 大変イヂワルする。
唇赤くして もう発情してます、発情してます。それしか考えられない。
といううちに メスがだんだんその気になるのか(いやん、意地悪するから下の方にいくの・・) 

だんだんと下の茂みのほうへ
おお、もしかして 脈あり? と思ったオスは
もう いそがしくっていそがしくって 

ココいいよ、ココ、ここもいいよ。ばつちりだよ。安全だよ ビビビ 来て見ない?

あっ、いっちゃった 

またつついて下に戻す

それから この辺りいんじゃない、いんじゃない いんじゃない
(あんた、所かまわずじゃないの。)

アタシ、そういうのに興味ないの。えさ、なんかこの辺りにおちてないかなーって思っているだけなの (このぶりっ子は必ずやること。お作法です。)

(口が下でシッポ上向きのセクシーな姿勢で底の水草のまわりをつつくメス。おいおい、何時から下のえさをつつくほどマメになったんだ。)

といううちにたまりません、ここは一気にいきますっ くくくっと 茂みに押し付けるようにして 交尾。(逃げられちゃうこともあるけど 振り出しに戻らずに 下草の間をつついているメスをもう一度口説けばいいだけ・・)

あっ フラフラ 腰抜けちゃった・・いや卵しぼられちゃった・・といっしゅん力の抜けるメス。

人類のオスとの共通点。

まず、好きなコには意地悪をする。
それから マメであること。
最後は押す。強引さも大切。

人類メスとの共通点は 
オトコをつるならぶりっ子。
そして、その気のありそうななさそうな でも 完全に逃げるわけではなく オスの付け入るスキがある。(いや、最後なんてスキだらけ)

こんなところでしょうかね。

このポットは空にして 稚魚が孵るかどうか、様子みよう。
[PR]
by maryane | 2009-10-01 18:42 | アクアリウム

アカヒレ外のタライへ

スイスでは5月の半ばから 霜の心配がないということで夏の花が本格的に植えられる。ゼラニウムをはじめとして 今から秋10月の終わりまでずっと咲きつづけてくれる花。

この夏の花の季節にあわせて IKEA花瓶のアカヒレも外に出す。
今年は大きくて深い植木鉢はやめておこう。
深くて暗い水のなか飼っていても何処にいるのやらさっぱりわからなくなってしまう。
浅めのブリキのタライ一本でいこう。

IKEA花瓶には まだ 4月に生まれたおチビ二匹に引越ししてもらう。
今年の初めころ生まれた若者たちは 大人と一緒に外のタライへ。
夜間は気温10度くらいまで下がっているし、家の中とくらべるとかなり寒い。
c0047812_21361139.jpg

水草がすくなくて ちょっとショボイ感じ。
タネから増やした ウォータークレスを発泡スチロールとスポンジに浮かべて 浮き草代わりにするのだ。日。
ワタシの皮算用:
ウッハウッハ もうとれちゃってとれちゃって。毎日サラダで食べてます。余分な養分をすって 水もきれいにたもたれるし。
でも、クレソンには照時間がたりないかも。北側だから。

18度くらいの時にのぞきにゆくと 人影がうえから見えるのが こわいのか 広々しているからなのか とにかくものすごいスピードで泳ぐ。まさに川でみるめだかのような機敏な動き。花瓶の中の時とイキイキ度が全く違う。
それから、すごく用心深くなった感じ。水面に来るとき、えさを食って逃げるそのすばやさよ。自然の中でもたもたしてたらあっという間に鳥だのにやられちゃうものね。

それにしてもうれしそうなアカヒレたち。ワタシもうれしいである。

そのうちボウフラやらヤゴやら沸いて ビオトープ。
ヤゴ対策はしないことにする。稚魚がたべられちゃってもいいや。気をつけていれば 何匹くらいかは救えるだろう。増やしても 今は里子に興味ある人はいないようだし。

運が良かったら 何匹か大きくなるかも。水草の茂り方次第というのもあるな。
[PR]
by maryane | 2009-05-29 15:38 | 花瓶でアクアリウム

Fidoの4Lボトル

本日つい最近オープンしたばかりのインテリアだの食器だのを売っている近所のお店でイタリアのガラスメーカーの製品。Fidoシリーズの 4Lボトルを発見。今までみたものの中では一番大きい。

早速購入 セットアップ。外の鉢の砂。イケア花瓶などのアナカリスなど。
すばらしい。

添付の紙によると5Lのボトルもあるらしい。見たこと無いなあ。スイスでは手にはいらないかもしれない。


円筒形のボトルは魚には ストレスらしい(四角い瓶にいれたときより落ち着きがない)。けれども水草びっしりと生えると 落ち着いてくる。エコーの円筒形の壁による乱反射がかなり緩和するのだと思う。

水草、アナカリスだし、すぐにすくすくのはず。まってておくれよ。

写真後ほど。
[PR]
by maryane | 2009-05-07 05:11

アカヒレに鮭 ベビーズ順調

アカヒレちゃん 本日のご馳走は生鮭。

デブのフクちゃんは一時 一生に一回だかなんだかの産卵をしたらしくほっそりしていたけれど 最近は またまた バクバクと人並み以上にでかい口と食欲で食べ物に突進。回りを蹴散らし またまたお腹がでっかくなってきた。
肉も人の分までくらいついてきて お腹の形が変形するまで食ってもまだ まだいくど。
あー、かわいくない。

・・・・・・・

豚肉や鶏肉も好きみたいだけど なんと言ってもベタもアカヒレもダントツ一番すきだったのはエビさあ。

そりゃあアタシもエビ好きだあ。

白身の魚も鮭もかなりすきみたいだけど 鮭はアブラがのっていて水面が汚くなるのでよろしくないな。
ベタのあいちゃんは 水面ギリギリくらいまでくると大口あけてのみこんでくれるからいいんだけど。

・・・・・・・・・・・・

アカヒレ ベビーズ すくすくとそだっている。
以前は ブライアンシュリンプあげようとしたり 卵の黄身あげたりとかもしていたけれど 今は

市販のみどりの稚魚用の粉、いや餌

3回に一回 ベタ用の赤い餌(多分蛋白質が沢山)を小皿にとってスプーンの背でよく粉にまですりつぶしたものを与えている。

自然のもの 生餌にくらべたらおとるだろうけど これで十分そだっているみたいだ。
尾びれがうっすら色づくまでそだったもの、まだちびっちゃいもの、例によって大きさにだんだんと差がついてきた。
青の線はまだ無し。
[PR]
by maryane | 2009-02-08 17:38 | 花瓶でアクアリウム

アカヒレ花瓶ベイビーズ

今維持している魚入り花瓶は三つ。

一つはベタのあいちゃん入り。でっかいキャンディーボトルだけど水草も結構いれた。トンネルあるし幸せそうにみえる。自己満足かもしれないけれど。もう少し大きいといいかもしれない。ベアタンクに近い状態のときよりも明らかにうれしそう。
あいちゃんは よく尻尾のさきっちょだけを水草にひっかけて寝たり 水草を潜り抜けたり。いくら小さな入れ物で飼えるとはいえ、やっぱり水草がすきなんだなあ。ベタはかわいいしぐさをするので こういう環境に置いてやるとより楽しめるとおもう。でも、やっぱり最近年とってきたかな。

もう一つはすごく安定しているイケア花瓶。20リットル。草も溶けてゆかずちゃんと生長。ココナッツのドームもあるし。ここにいるときアカヒレが一番しあわせそうかも。
それから
四角くて平たく背も30cmの花瓶。実はここに、昨年夏に生まれた子供のペア(夏子はみんな里子に出してしまい最後の2匹)を入れておいた・・
今日
ふと見ると・・チクチクなんだか沢山動いている。昨日はさっと餌をやっただけで 観察しなかったので気がつかなかったよん。
れれれ、一匹じゃなくて 2匹3匹。合計8匹。
これは外からの落ち葉なんぞも入っていて 分けのわからんミジンコ風のものが沢山住み着いているのだ。(これはイケア花瓶でも同じ)
つい先日はヤゴを捕獲したのであった。
これが最後だったらいいなあ。ヤゴに食べられてしまわないように。

あわてて親を移す。しかし、どうして親にたべられちゃわなかったのかしらん。親自体がまだ小さいのでベビーズは口にはでかすぎたのか、体に対して余裕のある花瓶だったから食べられずにすんだのか・・
ツイツイ進んでいるのと 花瓶にへばりついていてヨークサックがついているのと 孵化日が違うのが混ざっている。これから生まれるのもいるかもしれない。
うれしー♪

里子に沢山出してしまうと 急に寂しくなる。(全部いればいたで困るんだけど)
小さいベビーズをそだてるのはやっぱり楽しい。
たまにゆで卵の黄身あげたけど、あとはみどりのパウダー状のベビーフードを膜がはる程度にあげていれば育つし、ここには微生物もいるし、またちゃんと育ってくれるといいなあ。

二匹ずつだったから あと一匹か二匹ずつ里子追加でゆくからね。欲しいといってくれる人もいるし。
うちに若いジェネレーションものこしておかないとね。
秋から冬にかけて立て続けに出した里子たち、今のところ、みんなしあわせに育っているみたいでうれしい。

最古参たちは、飼い出してまる3年になるから夏くらいには4才。
新しい子をむかえてあげないと 趣味の里子(?)も血が濃くなってくるかな。

写真がんばってみようかのう。昼間じゃないとだめだな。フラッシュこわれているし・・

・・・・・・・・
最近は、スイスでも ミニアクアリウムがでてきて(エビ用と書いてあるけど)
10リットルくらいからすごく手ごろな値段で売っている。
音だのケーブルだのが邪魔くさいからと 花瓶になったのに、ついついミニ水槽というのに心が動くのであった。
(二酸化炭素添加の水草水槽にあこがれて)
だめっ、だめだめだめだぞーーーっっ。

(ところで・・魚のいないあまり水草いれてあるプラケ。この前のみ残したミネラルウォーターちょいと入れてみたら 見事にぶくぶく気泡を出し始めた。すごいなー。しかし、水が堅くなってしまうな。軟水のガス入り水を気の向いたときに時々入れるっちゅうのはいけないかねえ。PHが一気にちがっちゃっうかしら。ちょっとだけだけなんだけど。魚いないと二酸化炭素が生成されないから・・)
[PR]
by maryane | 2009-01-13 02:07 | 花瓶でアクアリウム


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル