タグ:ブレード ( 3 ) タグの人気記事

スケートが伸びる・・様な気がするGold Seal 

以前のデカトウピックプレードから チビトウのゴールドシールに変更後一ヶ月近くたつ。

ずっとデカいトウピックばかりだったシー太 相変わらず苦戦。怪我や靴待ちのためのブランクのせいもあるし
ジャンプが全く安定しなくなってしまった。

トウを今までどおりついても 溜められない フリップ とルッツが 今までとぜんぜんちがう流れた感じ。溜めて背中が立ち上がりつつ回転にはいる・・というのもなく 倒れたミサイルみたいにそのまま飛んでしまうので着氷がすごく 前に倒れたような 前に上半身を置き忘れたような不思議なのになる。怪我とかのブランクとブレードのせいと ない交ぜになっているとは思うけど・・

今でどおりにためようと ハンマートウみたいなことになったりすることも

溜めようと思っても踏ん張ったときに のるブレード部分のカーブが違うから回転が始まってしまう
いままでだったら例えばルッツ 左で踏み込んだときトウがどの時点かでブレーキしていたと思われる。そのくらい大きくて下向きのトウ。それが無くなる。どうすりゃいいの・この暴れブレード(すご馬を乗りこなせない子ども?)というところかのう。
前より踏み込めるが前より速くぐりっと回る がその前に溜めたいのにおぼつかない 止まらない
こうして書いてみると もしかしたら以前よりすべてをもっとずっと早いタイミング速いテンポで行わなくちゃいけないのかもしれない。ちょっとどう思っているか聞いてみよう。


ループは今はわりあい問題無し。

良かったのは やっぱりスケーティングが滑らかにみえる。すいーっと速い。こう なんか急にうまくなったようにみえる。

ワンシーズンずっと滑り込んでいた冬よりも 怪我のあとのさらなる三週間の靴待ちブレイク後 かつオフシーズンですべる量のへったシー太なのに・・すいっと 走る。(シー太レベル)
ちゃんとスケートしているというか(相対的レベル・・・) 滑らか感があるというか。

それからわかりやすいところで 着氷。
以前のトウピックだと着氷の角度によってはトウピックが氷にあたる角度がつよくブレーキがかかる感じ。
トウから降りる時引っかかりがスバヤくリリースされるのだろうな。

今以前のプログラムの動画を見てみると あっ、この着氷はトウピックがブレーキしたんだなとわかるものがある。ふぃーと伸び止まってしまう。
着氷を綺麗に最後まで伸ばす・・・と意識しても伸びしにくいブレードだったのだ。
かなり良くわかる点。

はじめのうちは シー太も
このブレード速い

といっていたけれども 今聞いても
えー もう慣れちゃったからわからない。
としかいってくれん。

あー ジャンプ早く安定してくれないかなあ。

シー太ごときのレベルでも こんなに苦労するのだな・・・はあ。

++++++++++++++++
19日追記 繰り返しの感想

C太曰く・・以前のブレードでもエッジに深く乗ることは出来たが体力がいった。このブレードは自然にそれができるんだと思う。

C太に何か革新的なことは起こっていない。しいて言えば休んでいた間が長かったことくらい。いいファクターじゃない。まあ日々大きくなっているから 加速はつきやすくなっているのは確かだけど。脱皮したみたいに大きくなったわけでもない。

なのに まさに突然一皮向けたような(C太レベルで) スケーティング。うーん いい。実にいい。(しつこいけどC太比)

わしわし漕いでいるように見えないのに すっとスピードにのる。
スピードが落ちにくい
体の傾きが大きい つまりエッジにのっている 普通に方向転換するときでも 体の傾きが大きいのでかっこよくみえる
着氷が良く伸びて綺麗なポーズをとれる
一言でいうと うーん・・・スケートに ぬるぬる感がでる。かな。

このブレードの特性というよりも
以前のブレードの巨大下向きトウピックがよくなかったのかも。


+++++++++++
クラブに上のカテゴリーのスケータちゃんたちが何人かいて 中でも踊りというかとにかくスケーティングが綺麗に見える子ちゃんがいる。このスケータが ゴールドシール。

同じように、いやそれ以上にがんがん滑り込み スケーティングの基礎を教え込む先生に教わっているせっちゃん なぜ スケーティングがいいようにみえない。おかしい。
ぬるぬる感がでない。
これは、見た目で感じることで どこがどうであるってちっとも細かい証明はできないんだけど。
で、せっちゃんが C太とおんなじグラフの新しいダイアモンドなのだ。
C太と同じく このブレードを気に入っている。
このデカトウが役にたつという。
う、わかる・・シー太もそうだったよ。気に入っていた・・確かに。

でも、・何もゴードシールじゃなくても良かったけど あのブレードはだめだったのだ。
違うブレードに乗り換えて確かに苦労しているけど、あのブレードがダメだったというのが変えてからわかった。


そりゃあ あのブレードDiamondで何でもできるけど、あのトウでいろんなところですこしずつひっかかりながら、またはガリガリ削りながら滑っているのだと思う。滑っている本人にはわからないけど、その微妙なところが人間の目に感じとしてちゃんと伝わってくる。
二人とも シー太と比べ物にならないくらいよいスケータ、スケーティングだけど この上の二人を比べた時に 思うのだ。なぜせっちゃんには ぬるぬる感がないのか?と

全く、余計なお世話だけど 彼女はあまりにもあまりにもこのブレードで滑り込んでいる。
先生はゴールドシールファンだけど・・ 彼女が今ゴールドシールに変えたらシー太以上に大変なことになるのでは・・
いや、能力の高いスケータだから速くなじむのかな。いやいや、これは本当に深い違いだ。根本からテクニックを見直さなくちゃいけないような。
せっちゃんママと話したときに 一応 説明。先生はゴールドシールすすめるけど 今のブレードからの乗り換えは本当に大変だよ シー太のケースを説明。全く同じ乗換えパターンになるから。
スケート屋さんのすすめるPhantomがいいよと。

えーと とにかく あのデカトウピックの グラフのDiamond よろしくない。

とにかく 初心-中上級までコロネーションエースだ。

ああいう 無難な形のブレードをはいていれば 基礎がしっかりできる(トウに頼り過ぎないとか)
そこから先のチョイスも広がりやすいだろうし(基本形だから。 想像。)
ゴールドシールと同じ系列 ベースが同じだから乗り換えやすい。


一個人の経験と考察なり
[PR]
by Maryane | 2013-05-15 04:56 | うーしースケート日記

シー太 靴ブレード2日目

新しい中敷で足の痛みはなくなった。

ステップだのクロスだのいろいろ
1.5サイズもあがってしまったのでブレードもかなり長くなった。クロスがしにくい。

トウ位置さがしずっとさがしている。

ダブルループをしてみる。
今までどおりすると・・・

君、トリプルやろうとしてんの? というくらい回る。2.5ループ。
Gold Sealってトリプルを飛ぶためにできているようにみえる・・

どうやったらダブルで降りられるかがわからない。しめなければいいのかなあ。しめてるつもりないんだけど・・
とシー太。
着氷も すごくエッジがはいっちゃって 今までは後ろにながれていたのがすごく ぐりんって回っているように思う(見た目そんなことなく綺麗にながれているよ)。
どうにかダブルループは降りるようになるけど オーバーターン気味でへろへろ。
トウジャンプは怖くてできないそうだ。

トウループ・・シングルでさえ すごくしにくい。

とのこと。

着氷のとき なぜか妙にクッションを利かせた様なひざ。
[PR]
by Maryane | 2013-04-13 03:35 | うーしースケート日記

ブレードに悩む話 続きだらだらと

靴がやっと到着。わけあって本店まで行かねばならなくなり、あーーDavos あの国際会議のダボス スキーリゾートのダボスまで往復。 まったくワタシにとっては旅。旅。スキー板もった観光客をちらほらみかける。さすが・・
往復で4時間半。ふう。冬タイヤなのに高速道路はぶっ飛ばしたんだけどなあ。遠い。



今までジャクソンの4だったのに いきなり5 1/2と 1.5もサイズアップ。うわああ大きい。
今までの柔らか靴が さらに柔らかいシリーズになってしまったので 少し硬い靴にバージョンアップ。
シー太の身長体重とも激増なので 次なるレベルの固めの靴でも履きこなせるであろうと見解。
+++++++++++++++
で、ブレード。

そもそも 初めから コロネーションエースを使っていれば ゴールドシールにつなげやすかったけど
グラフのプレードではじめてしまったのがいけない。

今のブレードはとにかく一番下のトウがでかい。下向きである。踏み込むとすく゛にトウが引っかかるかんじ。
極端すぎ。たぶん ジャンプの流れ出しもよろしくないであろう。

で、それに似たラインということで用意してくれたので Phantom.
確かに トウが大きめである。全体の印象も似ている。

店のおじ様は この流れでいったらファントムとすすめてくれる。
うーん うーん

でも、先生はゴールドシールという押しでして・・
先生はみんなわかっちゃいないよ どの先生? うーん ロシア人の・・・すこしはわかっているかも。そうだ、あの先生のお嬢さんは まずコロネーションエースをはいてからシールに変えたんだよ。

コロネーションを履くとね。
きちんと スケートしなくてはいけないんだよ。
それから なんでもできる。
本当にいい ブレードだ。

(ええ、それは聞き及んでいたんですけどね、一番初めに違うのからはじめちゃったんですよ。)
で、コロネーションで十分に基礎を作ったところに シールだと 同じラインで その上のよさを生かせるんだよ。(だから シールって先生がいっているっていいたいのかな)

ウィルソンのいいところは 段階を追ってブレードを格上げしていけるところ。
(すみません、うちはウィルソンも使ったけどグラフも使ったし・・段階追ってなくて。)

++++++++++
もしも ファントムにいったら もうずっとファントムで ゴールドシールに乗り換えるというのは間違った選択だ。
グラフのダイアモンドを使っているなら 次にステップアップはファントムである。
(すみません、話がややこしくなるんですけど・・このダイアモンドを買ったお店の話ですけど・・このシリーズをリリースするときにとりあえずダイアモンドという名前をつけたけど形はシールを真似している。という話なんですけど・・(いや、でもトウなんてめちゃめちゃ違うな)以前のダイアモンドはわりとまっすぐなブレードだったという感じなんですけど、今のはちがうんじゃないですか・・)
ゴールドシールというのは もうそれ以上上が無いブレードである。(いま、それを使ってどうするの? という意味?)(でも、あとせいぜい長くても2-3年くらいしかしないと思う。今使わずとしていつ使うのだっ とも思うし)

というわけで シー太にはファントムを薦めたいらしい。
ひゃー もうわからない。

でも・・おっしゃるようにファントムにいっちゃったら もう乗り換えられないということは 今が変えるチャンスでないですか。先生もゴールドシールすすめているし・・ダブルアクセル トリプルを練習するというのにいまさらコロを履くというのも・・それに今のはシールのフェイクだからカーブは似ているようにみえます。
これは出来のわるいフェイクだから似ちゃいないよ。みてわかるってもんじゃない(わかりますよお・・見た目でも)

と抵抗。でも、おじ様の意見も良くわかる。ひゃあ シー太どうしよう。
ワタシわかないや。
+++++++++++
そのほか ウンチクとして知ったこと

Gold Sealは そもそもは 体重の重い 男性用にと考えられた。

ゴールドシールは他のブレードに比べて高さがある。(あ、ホントだ。ずいぶん高い。ただし今までシー太の使っていたのはゴールドシールをまねているところがあるので高さは似たような感じ)

ゴールドシール(全部がそうなのかな?)は テーパード ブレードの幅が前より後ろがすぼんでいるタイプで早く走る

ゴールドシールのブレードを寝かせて鉛筆をのっけるとプレードのエッジとエッジの反対側の部分だけがボールぺンにくっついて 凹型の曲線の隙間がみえる。(ほんとだ 隙間できてる)
この撥(ばち)のヨコのような曲線のせいで エッジは縦に立っている普通のエッジと違う形になる。
その形だと ものすごくエッジを倒すことが可能になる。普通のブレードで縦方向にしか立っていないと すべっちゃう(えっ そうなの? だからPちゃん ゴールドシールなのかな? )

プラス ブレードに高さがあるから めちゃめちゃ倒せる。(そんなに倒さないと思う)

コロとはスチールの質が違う(硬いんだったよね・・やわらかいはずないし)

ファントムも実はゴールドシールほどではないけど やはり撥のヨコのように凹型に鋳造されている。
見せてもらうと鉛筆とプレードの隙間は確かにあるけど ゴールドシールほどではなし。


+++++++++++
ファントムの全体の印象としては ゴールドシールよりトウジャンプであがりそうで 単純に使えそう。それなりに走るし それなりにディープエッジもつかえる。
トウジャンプのあがりに関しては 女の子に向いているっていうのわかる気もする。

++++++++++++++
ラディウス ブレードのカーブに関して:

探していたら こちらのページにこんな図解があった。
c0047812_532504.jpg

あ、さらにこんなのもあった。
上の説明図と矛盾するでないの。(後追記: パターン99は三つのカーブから構成されていてGold Sealは二つのカーブから構成されているようだ。ただジョン ウィルソンと書いてあるのでちょっと混乱した。)
上はウィルソン(ゴールドシールはウィルソンだ)は三つのカーブを使い分けているというのに下の図はカーブは二つだっていう。???
c0047812_1949557.jpg

+++++++++++

さもありなんと 膝を打つスケママ。こんなの常識なのかしらん。

ラディウスラディウスというけれど こういう風にちがうやん。ね ラディウスの大きい ゴールドシールの方が踏み込まないと回らないという理論になるのに 実際の周りの話を聞くと ゴールドシールはエッジをめちゃめちゃ効かせ易い という声ばかり。
論理的に考えておかしいでないの。
と思っていたけど いろいろ無意味やん。


とにかく これがママ友お嬢さんのいっていたことの答えだ。
ゴールドシールは踏み込んだとき使うラディウスが小さい つまりカーブが強いんだよ・・きっと。たぶん・・ちがうかもしれないけど・・・もしかしたら

ファントム乗りからゴールドシールに変えると 
とにかく ぐっと踏み込むとまわるまわる 踏み込み過ぎないようにしなければいけない・・
ダブルアクセルのラクなこと ラクなこと。グリッとはいるので簡単にまわる・・・
(ダブル トリプルが完全に出来るようになってから プレードかえちゃだめだよ とも。)


コロネーションとゴールドシール比べてみる。

似ている。確かにすごく似てる。

でも、ゴールドシール なんか神々しい。
刃の幅が違う。コロより細い。このあたりも初心者向きではないのが良くわかる。
テーパード。かかとの先に行くにしたがって細い
ちょっと ファミリーカーとスポーツタイプの違い みたいな? シティーバイクとロードの違いというか(スピードのこといってるんでじゃないけど)

ワタシは シー太の技量とか今までのブレードとかよりも何よりも この姿にほれてしまった(そこか?)。

が ファントムもいかにもシー太 好みのあがりそうなトウをもったブレードである。
(ぐるぐるぐるぐる)@@

スケート屋さんのおすすめ 今までのブレードからいって ファントム(トウ見ていっている気もしないではない。昔のダイアモンドと今のこのダイアモンドと仮の名はついているがシールのフェイクといっているのはカーブのことだと思うんだけどなあ・・)

先生のおすすめ ゴールドシール
ママ友のお勧め ダブルアクセル トリプルに本格的に入る前に絶対にゴールドシールに!! というお勧め
変えるなら最後のチャンスという話

++++++++++++++
さらに
嗚呼亜 
豚に真珠
とか
今までの傾向と違うブレードに変えて悲惨な結果 気がつくまで一年 でもその後も変えた影響でめちゃめちゃで回復までさらに一年で そのコロにはもう引退・・

なんて いうシナリオも浮かんでは消え・・

結局 ゴールドシールにしました。

家に帰ってもう一度見てみる。

なんかステキ。全体から漂う風情。
もう買っちゃったんだからね。
こうなったら、ブレードも信心から

シー太っ、いいブレードだからね。ふめば回ってくれるし 安心してエッジに乗れるし スピードもでる。
トウピックは 稲妻型にきってあって貴女好みよ
カーブは前のブレードと似ているし・・せっちゃんも貴女と同じダイアモンドからゴールドシールに乗り換えて調子ばっちり。



と 吹き込むのであった。

あああ、でも、もしかして やっぱり ファントムの方がよかったかなぁ・・
非力シー太・・と思うとファントムだったか・・
でも、非力ってどういうことか?
ウー助にくらべればひょろりとしているけど スピードはついたしエッジもウー助より深い
めちゃくちゃパワー系じゃなきゃシールはダメなのかなあ。(でたっ 買ってからウジウジ・・)

++++++++++++++
ところで おじ様と ブレード談義の中

パターン99の話に

一時はねえ、パターン99がもうはやって はやって 猫も杓子もパターン99よ

でもね、あれは そんじょそこらの人には
適当に右でもいくべか って思うと左に行くようなブレードだったのよ
ほんと・・

アタシはここまできたから さらなるステップアップでパターン99ね、と変えて 一シーズン無駄にしたなんていうパターンいくつもみた。
などという話も。

やっぱり難しいブレードなんだなあ。

シモジモ スケータ 

でも 悩む ブレード

クラブでもだれでも だれか とにかくコロネーションエースにしやれっ とガツンといつてくれてたらなあ・・・
もしかして スイスはグラフが強いから ブレードもあっちいったりこっちいったりする ワタシのようなスケママが多くて子どもたちが上達しないのかも・・なーんて。スイス サラマイヤーのあと 世界レベルでてこないから。世界とまではいかなくてもせめて欧州で活躍してくれる選手がでればうれしいのに・・
[PR]
by Maryane | 2013-04-10 21:13 | うーしースケート日記


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル