タグ:スケート ( 448 ) タグの人気記事

宇野昌麿 日本男子現役最高の踊り手 

先日 宇野昌麿ジュニアグランプリファイナルを制した。 世界よ驚け。ほんと 驚いている? 驚いてる?

一週間後のシニアの全日本が非常に楽しみである。

宇野昌麿17歳になった2014年12月。
そろそろかわいいとかやめないかのう。世間。

彼は大輔に憧れて今や世界に冠たる踊り手の一人。大輔の正当なる後継者。

むろん二人は別物 別のスケーター。そして声を大にして言いたいのはショーマは大ちゃんのコピーではないということ。

ショーマのスケーティングを見よ。
真央ちゃんが佐藤コーチのもとで徹底的に基礎からやりなおして手に入れた上下運動のないスケーティング。
上下運動に逃げやすい力をぐっと我慢 封じ込め足の先に送り込む伸びるスケーティング動作に
佐藤コーチマオちゃんうんぬん以前の昔から意識している。

そしてジャンプ ジャンプとは飛ぶ前の入り方から空中姿勢高さ姿勢の美しさ、そして流れ出し。彼ほどこれを意識してジャンプというものをスケートという流れの中に取り入れた選手がいるかね??

残念ながら2014年シーズン シニアと戦うことも(来週全日本)視野に入れ繋ぎの多さに十分な流れだしの時間をとることができなくなっているけど、それでもしっかりと着氷後の流れを意識した彼のジャンプを見るのは快感。

背中の張り 胸の張り、肩から入るときの風の切り方 腕の動きは言うに及ばず 頭 ぶりんふりんのパッション系表現も抜群。

イーグルも美しい。こういう滑る部分での美しさを魅せるというのを非常に意識し大切にしているのもショーマの特徴だ。

確かに背は低いけど そのプロポーションのよさはどうだ。腕長い、脚長い、肩幅広く、顔もキレイ
男子シングル氷の上で一人、全く問題なし。

音のとり方の素晴らしさはどうだろう。微妙な年齢の美しさを余すことなく表現した名プロ

水色の衣装が まだ男を演じるには早い彼が そのみずみずしさを十二分に表現できる色であったのだ。曲の選び方も秀逸。シークレットガーデンの精霊が出てきそうな雰囲気。

2014年のフリー プログラムはドンファン。16歳12月に17歳になった。
衣装は黒。

確かに背伸びはしている。男を演じてもいいころでしょう。あまりにも完成された演技なのだけど やっぱりそこにある年齢と演技・そのギャップに萌えるのはオマケだな。

2013 あたりまでは表現したいと思うあまり 腕の動きががんばっている感もちょっぴりあったけど どんどん洗練されてきている。

大ちゃんの動画をみるとやっぱり傑出しているのだけれども しょうまが彼なりの世界観を大ちゃんレベルで表現できる時は近い。

彼をみていると彼(のチーム?)は、はっきりと具体的で明確な目標を持っている。スケーティングにもジャンプにも。

騒いではいるみたいだけど どうして大騒ぎにならないのかよく分らん。

今年の全日本次第でもう今年から、そこまでの食い込みを見せないならば来年ショーマがシニアに上がってから またうんざりするようなアオリが始まる。

来年あたりのシナリオとしては正当なる大輔の後継者しょうま 対 絶対王者ゆづる なんてありがちだな。

楽しみでしかない 宇野昌麿である。
[PR]
by Maryane | 2014-12-21 07:18 | スケート

宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等

何度か言っているような気がするけど ショーマがどんどん成長していくのをみながら やっぱりもう一度言いたくなる。

腕の柔らかな使い方 肩の使い方背中の張り 抜群のスタイル。厚い胸板、脚も長いし抜群のプロポーションではないか。背は低いけどシングル男子氷上でこんなにも濃密な主人公を演じられるなら そんなんどうだっていいではないか。
外野は酔えばいいのだよ。

彼に期待すべし。
高橋大輔にそうだったように。(最近大ちゃんの競技プロを続けてみて改めて戦慄したが)

言うべきことは沢山あるのだろうけど、まずは彼のスケートに対する意識について
彼が他のスケータと違うところはね、(勝手な想像だけど) 賢いところ。
小さい頃からはっきりとどんなスケートがしたくて そのタメにはどうしたら良いか。戦略的に分析し、練習してきたとしか思えない。永遠の浅田真央さえ、最後まで引きずったルッツ カナも今でも出来ないルッツ
飛んでいる。明らかに真央とカナと違う方式で。

彼の直接のコーチがどんな風に彼を指導しているのかは知らない。
時々横にすわっている山田コーチの指導の賜物ではないとは思う。
(以下、事実とちがっていたら失礼)

真央ちゃん カナちゃん ともに上下運動の激しいクロス。真央ちゃんは佐藤コーチの下で見事にうまれかわったけれどもかなちゃんのクロス スケーティングは上体をたおしていたずらにスピードを求めるスタイル。
美しくないし、スタミナ的にも無駄な動きが多い。
下半身がしっかりと安定してこそ上半身を自由に使えるのだけど、それが出来ていないから腕の動きがばさばさと鳥の羽のよう。
柔らかな表情を作ることに失敗している。ごめん、上下に動くからゴムマリのような印象を持ってしまうよ。繊細な表現は難しいし・・

宇野しょうま はどうだ

彼は 上下運動をしないで粘るスケーティング、最後まで送るスケーティングを実現している。
背中の張り 肩を柔らかく動かせることも実現。
彼があれほどまでに背中を張った姿勢で滑っているのは推進力を得るための上下運動のないスケーティング、結果的に全て上半身の表現力を得るための下半身と切り離させた動きのできる上半身。

いろいろすっとばして そしてジャンプの着氷。
彼のチーム全体が意識して ジャンプをプレパレーションから着氷後の流れ出しまでを強く意識していると思うの。

大ちゃんは右ひざの怪我の後 ジャンプの流れ出しが詰まってしまうようになったので 振り付け師はそれを補うようにすばやく次の動作をいれたけれど 本当はそうじゃない
ジャンプは美しい流れ出しがあってこそのもの。

昨今の改定に注ぐ改定の詰め込み新採点方式の中で 美しい流れ出しに時間をとるなんて ちょっとした美しいスパイラルを見るような 流れを見る快感を味あわせてくれるではないか。

あえて しっかりとジャンプの着氷後の流れ出しに十分な時間を取る。本来そうあるべきだよ。シニアにあがって詰めこみプロになってこの流れだしが無くなるようなことにならないよう切に願う。


今期のまっちーの第九などみていると ドイツ曲の縦にきれるようなメロディーとあいまり なんか 詰まってる詰まってる 盛りだくさん・・もう いっぱいだよ。
となってしまう。採点方式のせいなんだけどね。


もしかして 続く
[PR]
by Maryane | 2014-11-25 06:15 | 画面の前で拍手

ペンキ スプレーでグラデーション メモ

エアブラシを使わずに普通のペンキのスプレーを使ってスカートにグラデーションをつける場合 

エアブラシほどピンポイントで描けないので使えるのはせいぜいスカートのすそまたは 布を裁つ前の身頃の端部分。
(垂直に布をたらし着色部位が下部の方に来るようにする) 地面や床において スプレーすると缶が斜めになりのペンキの色素が出にくいので 垂直の状態でスプレーした方が結果が良い。 
青の衣装は出来上がった後だったのでスカートを重ならないように広げるのが非常に難しかったので結果的に床の上において斜めにスプレーさぜるを得なかった。 (色素が缶の底に残ったらしい) 

垂直にスプレーしたいときはゴミ箱など円筒形のものにスカートを貼り付けるように広げたら良いかと思う。別々に処置。ゴミ箱水直に立てておく。 サーキュラースカートの場合は床においてスプレー? 方法1 サーキュラーに切り出す前に 布を垂直に置いて(ぶら下げて? どこかにピンナップして?)中心を鋲で留めておく。下の部分1/4くらいをスプレーしたら 時計の針を動かすように布地の方を動かして次の1/4をスプレーする・・ということは布地は四角にきっておいたほうが良い。丸い布をぶら下げるのは大変だから。円周だけは前もって描いておく・・と。 

という具合にすれば上の方をスプレーしてペンキが下の方に降って来て希望しないところに色がつくというのを避けることができると思う。 方法2 土の上にシートを敷き 円形でも四角形でもいいからスカートの布地を置く 中心を錐等で床だか土だかに留め、その中心から円周に向かってなるべく缶を垂直に保ちながらスプレーする。 うーむ これはやっぱり端っこだけ濃く色をつけたいときは缶が倒れちゃうだろうからダメかも。 全体にぼわーんと色をつけるならいけるか・・ スプレー下部分はペンキなのでごわつくけれども折れ目がつくほどではない。 布は重くなるが 滑っているときはちゃんとそれなりにヒラつく。 スプレー乾燥後、布地を引っ張ってはじかがり。普通に波なみウェーブができる。 +++++++++ 2way ストレッチではないジョーゼットなどの布地はほつれやすいので ロックミシンを使わない場合りかがりは無理があったけど でも端を色スプレーした後にかがれば糊効果で処置がしやすいのではないか・・?? それとも布目のバイアス方面とそうでない方面への自然なウェーブを壊すことになり、良くないかもしれない。

[PR]
by Maryane | 2013-11-22 15:19 | コスチューム

いつもの形で黄緑の衣装

長袖は暑くて絶対いやというC太の衣装。 フリーのために水色というかターコイズに白いユリの大きなモチーフの衣装を作ったもののキツキツで急遽新作 作成。
(胸周りをあとで広げられるようにゴムを入れる部分を大きく折っている。襟近くが細長くなるのでエリの中に身頃をもうすこしたくしこんで縫わなければ・・)
ショートの紫の衣装とコンセプトがほとんど同じ。レースをばらばらにして縫いつけた飾り。
違いはモチーフ色と大きさ、ビーズモチーフがないことくらい・・あと後ろの紐をクロスにしてみた。クロスにするだけで凝っているようにみえる・・様な気がする
c0047812_20501251.jpg
下の白い部分はスプレー缶のペンキ。 このデザイン昔は似合っていたけど今は胴長に見えるのと スカートが共布でヒラヒラしないので 例によってヒラヒラをハンカチみたいにくっつける。 スピード感のある曲なんだけどモチーフと石の使いすぎで クラッシックな雰囲気になってしまった。モチーフがモチーフだし胸にかかる一つが余分だったなあ。 と思っていたところ
+++++++
C太はあごが細いので みためデブにみえなくてもちょっと すぐあご
がダブってしまう。 白いご飯を発芽玄米に戻し、闇雲にがばがば甘いものを食べるのを控えたらなんとなくすっきりしてきた。 もしかして・・と思って もう一度ターコイズに白百合を着てもらうと・・入る!  試着のためリンクに持っていくと みながターコイズに白百合の方が曲に合うという。 というわけで 今度の試合は ターコイズに決定。 でもせっかく作ったので その次の試合ではこの衣装着てくれないかなあ・・ ターコイズ レースは短くして肩ももうすこい短く手直しの予定。
c0047812_3154647.jpg

[PR]
by Maryane | 2013-11-19 22:38 | コスチューム

衣装 お古をちょっと手入れて

c0047812_1465098.jpg

6月に切った衣装 もう一着分はアウト。なんちゅう成長の仕方。
急遽 うー助のお古に手を入れて 使用。

これはお友達のお嬢さんが ベートーベンの月光で 着る予定なのでC太の分はまた別途作らねば。
軽い布地が手に入らなかったのでボディーと 共布でスカートを作ってあったけど 軽さを出すため 裾に白のグラデーションを入れた。
それから花も青白き月の光・・に照らされる花なんだから青白くなくちゃのう。
花の真ん中の赤い石をターコイズのミラーとABストーンに変更。すごく冷たい感じになった。

モチーフが木綿だったので赤い石に 石専用のこてを当てて熱くしてピンセットではがし取った。とてもスムース。
化繊のモチーフだったらこんなにうまくはいかなかったと思う。はがした石にまだ沢山接着剤があって次回の使用にも全く問題なさそう。
右脇の巻きスカートのあきの下に またまたレース。。レース脇につけるもうこればっかり。

c0047812_23474011.jpg
[PR]
by Maryane | 2013-11-04 01:47 | コスチューム

ムスメ衣装 紫黒

c0047812_23465619.jpg
6月に切ってあったパターン。大きめに作ったつもりだったけど ぎりぎり。
こんなでかい写真 どうしたら小さくなる。。。。

黒のレースの換え襟を切り貼り。
自分の衣装にはいつも石がぜんぜんついていないと いうC太のタメにちゃんとした石をつけた。
このパターンでいくつか作ったけれども なぜか今の体型にはあまり似合わない。
ウエストラインが低すぎるのと ボリュームが欲しいので 左右のスカートの脇はを割って紫レースをプラス。
右側の黒のモチーフがある方は黒のレースもつけた。
[PR]
by Maryane | 2013-11-04 01:28 | コスチューム

持ち越しは手堅くていい

ゆずは ロミジュリ別の曲で 
うむ いいと思う。17歳のロミオほどの鮮烈さはないけど。盛り上がるし彼ならできるである。

ショートは・・パリの散歩道 去年から持ち越し。納得できる曲にであわなかったそうで・・。
でも、手堅くていい。突っ走ってきた彼に 少しは余裕があったほうがいい。
4回転二種類に固執しているはずだし・・いや、できるだろうけど・・
でも
何がおこるかわからない ちょっとした痛みがでたり、調子を落としたり風邪引くかもしれないし うまくいけば越したことはないけどオリンピックシーズンに 余裕はいいことです。
持ち越しのプロのスケータ結構いる、みなそう思っているに違いない。

なんだか・まだ本格シーズンイン前なのにどきどきしてきた。
[PR]
by Maryane | 2013-08-24 16:11 | スケート

羽生結弦 ワールドのフリー演技2012

2012年ワールド フリープログラム ロミオとジュリエット

何度も 繰り返し見てしまうわけです。
で、また感動。

舞台とちがって 画面の中の結弦くんは このように反芻され感動をむさぼられても(なんかすごい表現だな)へろることなく また渾身の演技である。

日本語 アナも邪魔だし最後に荒川さんが 感動をぶちこわすダラダラ余分解説で嫌になる。



再生・・羽生くんスタート位置につく。
以下 いいのかなあ こんな事書いて


スタートのポーズ
右肘を高くあげて左腕に顔をふせるようなポーズ
上げた肘が こわれそうなティーンエイジャーの無防備感 弱さにぐっとくる
お腹みせているワンコのような いやワンコに美はないのでちがうな
腰のラインも 体重をどちらにかけてもいいんだけど このラインが絶妙。彼が一番美しくみえる立ち姿。
はっきりいうと エ○い。褒めてます。
スタートのポーズからぐるっとまわって バッククロスに入って行くまでのメッセージ量と観客の引き込み方がすごい。
そこから ドラマチックな始まりとともに 感情の疾風怒濤なんだけど 
はじめに危うい アンバランスな姿というのがもうばっちり示されているので ただの疾風怒濤じゃないわけ
同世代の若い子にはここがみえるかな。どうなんだろう
おばさん(きっとゲイの人たちにも、いや、彼らにこそ)には深くわかるぞ。
あやうい。あやういんだけど誰にもそれをコントロールすることはできない。
というのが いっきにわかっちゃう。
ということは考えないで クワドをおりるまでの20秒でどっと引き込まれる。

そのあとの
トリプルアクセルの前のイーグルの時のポーズ
トリプルフリップ ダブルトウループの時のダブルトウループが両手を上げたタノ(とはいわないかな)なんだけど 両手を上げたそのまま降りて 着氷後もそのまま。それ自体が着氷の時に上げた腕をおろして開くことよりずーっと難しいことなんだけど この時腕を上げたまんまで後ろからスリーターンがはいる。普通だったらタノで終わりにしちゃうところなのに これだけで観客は想像していた次なる動きの不意をつかれて もう一回彼に引き込まれる次の瞬間・・・まで腕は上 だけど顔は伏せられていて 高く上げたその両腕を開くときに ハッて顔上げるわけ。
こうしてみていると 両腕というところに 特に強烈にあらわれているけれども 片腕も高く上げる場面があってそれに顔が付いて行ったりちょっとおくれて伏せたりあがったり。
腕が上がるというところに 無防備感危うさ感の少年美 にじむ色気が散りばめられているなあと 
いやー しかし、今年の彼は少年・・よりすこし上。でも青年じゃない。

このプログラムは誰がつくったのかしら。
奈々美先生が こういう少年のはかなさの美とあやうさと暴走の混在を隅々まで 表現するのだろうか
ここはこんな感じとやっているときに 少年の美というのを自覚している結弦くんが 顔は下にふせていてここははっと上げるって 自然にやってしまうのだろうか。
それとも 奈々美先生は 結弦くんとやっているうちに ここはこうしたらいいと・・自然にその長い形容詞のつく美を演出できるのだろうか。

コリオテスップのところでと後ろからのループターンを顔を伏せつつおわったあと つつっとトウで前に行く時に伏せた顔前にあった腕をおろしながら顔と胸だけでちょっと進む
ループターンって ぐるりーんと回る おおきなターンでキチンとするのは 他のターンよりも時間がかかる。そういうターンなのだ。で、ここに何かいい振りをいれるってなかなかできない。みんなここで 結構つまらない動きをしちゃうのに この大きなターン、というところに このこのドラマチックな振り。曲の解釈でも振り付けでもなんでもいいけど このターンのためにあるような振りつけ(ここだけ切り取るのじゃなくて もちろんそれまでの延長にある振りなんだけど)
絶妙といわずしてなんといおうか。

シットボジションでのツイズルはの美しさは そのものの美しさもさることながら この姿勢から上がってくるとき彼は顔伏せている上体を伏せている
伏せたまま 腕をばっと前にだして あがいているのん
そこからあがいたまま 次のステップに踏み出していく


体を顔をふせたまま 
その時腕がうえだったり下だったり 顔や上体の動きからずらしつつ 

はいこの時上この時下ですよーって リズムにのってこうやったりあーやったりしているんじゃないわけ 
ずれている あがいているわけ それも大の男じゃなくて 少年が

で・・転倒。
申し訳ないが・・ここで 加点。
したい 

だって美しいんだもん。
他の誰が転んでも加点じゃないけど、
ゆづが来年転んでももう加点じゃない

今年、この世界選手権だし 彼の このいつもより荒くなっちゃているくくらい飛ばしに飛ばしてしまっている演技。このちょっと暴れた感じにさえなってしまっている(お披露目の時なんかと比べるとよくわかる)この 世界選手権の演技の ここで 

パタンっ

て(世界中の解説者の あっ・・この時の叫びで彼らの引きこまれ方がわかります)
それも 今までの 顔と上体が伏せてあり そこから また上へという いままでの振り付けのパターンの延長上にある転び方
少年のあがきを
ただ更にドラマチックにした 転び方。
立ち上がり方 も加点・・

してもいい (顔、上体伏せ から上がっていくっていうやつ・・でも、もう一度想像してみると・・この日の彼なら尻餅だろうが横に転ぼうが 関係なく やはり加点・振り付け要素になってしまうかも・ いや もうそう上で)

いや ころばなくっても もちろん いいんだけど 

・・・すみません。
ハアア
おちつかなくちゃ

で トリプルアクセル トリプルトウ。
まあ、みんなここで がくぜん 惚れ直す
羽生結弦に恋した全世界の視聴者 観客が もう一度。
心臓鷲掴みにされるわけ

ヨレヨレ感滲んでも ロミオのヨレヨレと大の男のヨレヨレはちがう。少年
その中での3-2-2の着氷。ここでこの場面でトリプルルッツよ。
着氷のしなやかさよ。 技術点ももちろんだけど演技構成点にはいる(かどうかしらないけど) と思う。

イナバウアーからのイーグルのスケートしての美しさと色気はどうだ。たくましいゴツイ男はイナバウアーしない。でも若木の強さとしなやかさで滑ってゆく足元、パンツがヒラヒラとなびくそのさままで美しいよお・・

おーい 世界。17歳でこれだけの色気がある子は男女ともに探して いるか。
それもべちゃっていない色気。

ステップに入る前のスピン ドーナツも美しくなった・・
音楽も 最高潮への予感
切り方がすごいなあ すごいです。
ここまで惹きつけておいて
ステップ前の彼の怒りの表情 
俳優ではあるけど 自身もこの演技の中に入り込んでいなければできませぬ
(ステップ前の 怒りの表情といえば、ノブやんの死の舞踏を思い出す。アレもよかった。)

このステップは以前聞いた日本語解説によると
ジュリエットの死を知ったロミオの怒り 
を表すそうで
まあ、圧巻。怒りだからね、もろさ 弱さがこぼれでる 振り、すなわち腕をあげることはあまり無し。
横方向の動き。
壁にぶちあたってもがくところ 出口のない中での怒りと苦しみのマイム最後の方にあり
観客とストーリーがまっすぐ続いているクライマックスにどっと流れこんでいく
観客としてはなんたるカタルシス。

すごいなあ、奈々美先生が全部つくったの???
滑る羽生くんもすごいし やはり合作なのでしょうね

サルコウは良くおりた。みな祈ってた。

フィニッシュのあとカメラ睨みつけて人差し指一本のガッツポーズまで で演技終了。
あの角度から正面でカメラで捉えられた時に彼が一番チーキーに美しくみえる姿。
彼は知っているよ。


なんだか やっぱり胸がいっぱいになって言いたいことの半分も言えないや
分析しちゃうと 細切れのカットのようになってしまうのう。
・・・・・・・・・・・・

大ちゃんもバイオリン協奏曲のころ ちょっと違うけど こんなリリカルな雰囲気あった
ジョニーも昔は リリカルだった
リッポンくんの額にかかった完璧なクリクリ巻き毛にも 彼のリリシズムを感じはする


言い古された言葉でいえば
ほころびかけた蕾と 満開の花とか でもそれはやっぱり少女の美を表現する言葉かのう

少女の美と 女性美はちがうわけで・・
男の子の良さは そこに 激しさがあるところ なのかな
春の嵐 来年は青嵐であろか


羽生くんは この圧倒的なロミオのあと 来シーズンどんな姿をみせてくれるのだろか
[PR]
by Maryane | 2013-04-05 12:54

五年ぶりクラブのショウ

本来なら 毎年または二年おきにクラブのショウをするはずだったけれども、その時の役員さんたちの舵取りによって あったり無かったり。今のクラブでは五年前に一度あったきり。

ノウハウもなくなっていたのに 今年はちびっ子ママたちががんばってオーガナイズしてくれて 無から始めたのにとてもよいショウが開催された。
ちびっ子はちっともすべっていないで たって踊っているだけ・・なんて部分も確かに多かったけれども・・なにせ一から立ち上げたのだ。えらい、すばらしいっ。

会場も素晴らしくかわいくヘリウム風船で飾りつけ、おいしいケーキビュッフェもあって たくさんの人。
おじーちゃんやおばーちゃんも・・お友達ななんやら みんな うれしそう。

シー太は丁度忙しい。
その上捻挫だったけれども、復活しつつありジャンプもルッツとトウループ以外はとびはじめているところに、二人上手なおねえさんスケータが故障。

ラストミニッッで参加が決まる。団体演技 リハーサルなどは一切なかったけれども、楽しかった模様。
全体に参加できればよったけれども・・タイミングが悪かったなあ。

c0047812_17183342.pngショートの一夜漬けのJazzの衣装は地味なので小さくなったターコイズの衣装を出してくる。
上はどうにか着られるのでそのまま。パンツは大きくしていないので無理。
ショウなので 下にぴたっとした黒のショートパンツをくみあわせてok.
何か小物がほしい・・・ジャズといえば帽子かしらん、ということで前の晩に20分車を飛ばしてショッピングセンターへ。
あったあった。おもちゃ屋さんにそんなにチャチではなく 内側に幅広のゴムがついているシンプルなの。これならジャンプもそのままできる。
翌日のショウでは帽子に同系色ラメの布地を巻きつけて一チョあがり。
ショウの時はとったりかぶったり。ジャンプはかぶったままだけど スピンは帽子をとって。


+++++++
それにしても とにかく 伸び盛り。
今朝の身長 155.5cm なり
 
[PR]
by Maryane | 2013-03-03 17:21 | うーしースケート日記

初戦

先週末。

よそに比べて ほんの数試合しかでないムスメラの初戦。
D先生はロシアで付き添いなし。

晴れているし すごい景観ののこぎり山だし雪山がその向こうにつらなっているし 
観光地で町がきれいだし その上10月なのにとっても暖か。リンクの近くを散策するときれいな川がながれているし、うきうきする。
それにどこの誰に何を聞いても みんなものすごく親切であたたかくてやさしくて なんてフレンドリーなところなの。レストランのサービスもとても暖かだったし、お味も良かった。
ホテルも清潔。フロントの人も親切なだけじゃなくて温かい感じの対応で とても気持ちよく滞在できた。
観光地として わざわざここには来ないとおもうけど ○をたくさんあげたい町だった。

More
[PR]
by Maryane | 2012-10-23 16:21 | 大会


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27
一時帰国メモ pocket ..
at 2014-04-30 15:55

画像一覧

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(43)
(43)
(38)
(30)
(21)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル