タグ:アカヒレ ( 60 ) タグの人気記事

アカヒレ・・ひどい仕打ちをゆるしておくれ

去年の秋・・
取り込もう取り込もう・・とおもっているうちに そのままにしてしまったのだった。
庭のごみいれで暮らしているアカヒレ。

水の量はおおいし 壁暗いし(明るいと落ち着かないで物陰からでてきてくれなくなるみたいだ) 元気元気。

ふと気がつくと がつんと寒い日がやってきていて ああ、もう死んじゃっているかも・・などとおもいつつそのままに。
いったん寒くなったら庭になんぞでなくなるので どうしても意識の外にやってしまうというのもいいわけで。

氷はっちゃったし。嗚呼亜、しんぢゃった。いや、殺しちゃったな・・

とおもったら 生きていた。
氷の下でいきているやん。うごいている。

うわーん ごめんね。

とそのまま ずっこずっと馬鹿でかい庭のごみいれ緑のプラスチック容器を玄関にひきずってきて・・・
結局そのまま 大きめの容器 水槽には 長ヒレとゴールデンに占拠されているし、このでっかい入れ物のほうがしあわせであろうし。 ずーっと玄関の巨大な邪魔者としていすわりつづけ

春になったので またお外へ・・

中身が暗くてよくわからないしぜんぜん 姿をみせないので あんまり飼っているという感じもしないけど・・
やっぱり生きている。
その後 水換えのとき倒してしまい庭の中に水をぶちまけてしまったけれども まだ3-4匹。
去年かえったチビもいる。

氷の下で生きているって どちらさまだかのブログで読んだ事あったけれども本当だった。
しかし、さむいおもいさせてすまない。


・・・・・・・・・
さて このアカヒレたちを外にだしたあと もうすこし温かくなってから 長ヒレたちも 外に出した。プラスチックの植木鉢。
きたなーくコケった室内の水槽は そのままにしておいた。1週間たっても何も沸いてこないし・・そろそろ きれいにするかいね・・とおもったら稚魚発見。もう ぴっぴっと泳いでいる。

お友達のところに里子に何匹か出す予定なのでちょうどいいや。
現在 別の水槽に短時間入れておいたペアからうまれた二匹と ちびちび稚魚5匹なり。

ゴールデンアカヒレもいる。四匹。導入のときに3匹くらい死んでしまった。現在4匹。一匹は稚魚から生き延びたもの。二匹は肌色。二匹はオレンジ。この子たちがあと三匹くらい増えるとよいのだけどなあ。

今年は水草が圧倒的に足りない。
外の場合はホテイアオイがベストかな。

しかし、今年はちいとも大きくならない。もう一株かってこようか・・
[PR]
by Maryane | 2012-07-04 17:49

ロングフィンはスネイルを食べる?

休暇から帰ったら、水槽中スネイルだらけになってつぶつぶびっしりと気持ち悪かった。

掃除しても掃除しても チビスネイルがつぎつぎと沸いてきてだったのだけれども、外のデカ睡蓮鉢のロングフィンをこの水槽にいれたら あーら不思議。スネイルがほとんど 沸いてこない。

何故?? と思っていたら
その訳をワタシは見てしまった。結構な大きさのスネイルを食おうとしているベルサイユを。あんなでかいのをどうやって食うというのだ。殻つきだし。ま、その時は食べられずに諦めたけど。
絶対この人たちスネイル食っている。チビスネイルなんて みんな殻ごと食っている。

ロングフィンて食い意地もすごいし 落ち着き無いし、ノーマルよりさらにテリトリー意識つよそうだし、ほんと濃い人たち。そのくせ ノーマルにくらべて水質にはかなり神経質のように見える。

それから ハカマアカヒレのメスは ほっそりすんなりナギナタみたいな乙女風な面影だったのに今では おなか△にしちゃって 四角になるまで餌をむさぼり食い、食っていないときは おらおらおらああっと チビ介たちを追い掛け回しているのだ。
可愛くない。

休暇に出る前は 散々みんなに交尾しよ、交尾しよとさそわれ わさわさとオトコどもをはべられて泳いでいたのに 今はあまり相手にされていないような・・

以下ワタシの想像

もしかして すごーーーーーーくお盛んで とにかく交尾しまくり卵いっぱい産んで実はもうこのでかい腹には卵がはいっていない・・とか。

以外とノーマルアカヒレでも そういうパターンで腹はでかいしメスなんだけど 三、四年才で ちっとも産卵行動しないのいた気がする。

・・・・・・・・・・・
デカ睡蓮鉢には ホテイアオイも沢山浮かんでいて今はゴールデンたちが住んでいる。
ここに移してから やっとやっとゴールデンの稚魚がうまれた。

ブリキのものは土が無かったので 豊かな生物サイクルが出来上がらなかったみたいで遂に稚魚はみかけなんだ。睡蓮デカ鉢にうつしてからすぐ稚魚を見つけたのでよほど環境がいいのだと思う。ロングフインの稚魚もどっさり。

2センチ強にそだったち魚の方、いまいちロングフインかどうかわからない。母親は多分ハカマアカヒレ、背びれの先が白いヤツ。
どの位まてば ヒレが長くなってくるのか・・・
金魚みたいにちいさいころ選別できればいいのになあ。
[PR]
by maryane | 2010-08-26 06:14 | アクアリウム

100円ショップのメダカのエサ

70グラム入って105円。

実に良く食べる。この食いつき。すごいなー。
アカヒレちゃんにも ちょうどいい一口サイズだし 安いし とにかくすごい。こんなにいい食いつきの餌 今までこちらでかったものではなかった。
チビにはちょいと浮いててやわらかくなったもの。

こっちで買う餌はみんなフレーク状でこういう粒のがない。いや、あったけど もう少し粒が小さくてすごくはやく沈んでしまう茶色いやつ。沈むのが早すぎて使うのをやめてしまった。

同じく100円ショップで買った キスゴム付き小さなプラスチックの物入れ。多分中性洗剤やスポンジ入れておくもの。
観葉植物をいれて水栽培。そこにフィルターからの水を流すというやつを実験するのだ。
なんとかセッティングしたけど 肝心の観葉植物がない。枯れかけのポトスがあるのみ。
何をそだてようかなあ。
[PR]
by maryane | 2010-08-19 20:25 | アクアリウム

外の長アカヒレ派手!

睡蓮鉢のロングフィン。
毎日2匹(多分)のメスが卵産んでいるらしい。
長いひれなびかせて オスがメスを獲得しようとあっちへひらひらこっちへひらひら。しかし、グッピーちゃんとちがってスピードがあるところがすごい。
楽しそう。
ガラスのジャーですくったら とにかく赤くて黄色くて 1匹のメスはこれがアカヒレかと見まごうばかりの赤くそまった胴体。胸鰭の近くまで赤い。一緒にすくってみたオスよりも赤い。唇もまっかっか。メスなのに。
黒 赤 黄色 茶色とマルチカラーで なんとも賑やかな感じ。
秋になって家の中にいれてもこんなにキレイな色だといいなあ。

6月半ばにうまれた稚魚の生き残り二匹はヒレまで赤くなった。尻尾の先まで赤くみえるからベルサイユの血を引いているかも・・でも背びれは小さすぎて確認できず。
この子たちは ハイドロカルチャーポットから 雑草いれデカプラ桶70リットルに移動。親魚二匹なり。こちらも恋に忙しい。

この親魚二匹から生まれた稚魚3匹をハイドロカルチャーポットへ移動。
プラス 睡蓮鉢の六匹の卵 (ホテイアオイの根っこそうっと水ごとすくってをゆすって取った)の稚魚 3匹ほど。 もしかしたらもう少しいるかも。餌の取り合いになっちゃうかな。

水槽にも3匹くらい稚魚。親のいない間にわいたプランクトンとみまちがえるくらいだったけど 今ではツイツイと泳ぐ。
このこたちにはチャンスはあまりないかな。
稚魚の餌やりは頼んでも上手くいかないだろうし。
生き延びたらすごいけど。

ああ、こんなことしてないで荷物つめなくちゃ。
[PR]
by maryane | 2010-07-17 03:39 | アクアリウム

カーディナルの稚魚

プラスチックの庭用なんでも桶に入れた カーディナルアカヒレ(あんまりヒレは長くないけれど)2匹。確かにオスとメスだと思うんだけど、稚魚みかけなかった。

あまり隠れるところもないけれど なんせ70リットルはあし成魚は2匹だけだし・・チャンスはあるかも。
と淡い期待はあった。

と・・ツイツイと泳ぐものが。
あっ、稚魚っと思うたびにただのボウフラだったことが多かったけれども 今回は確かに見覚えのあるあの泳ぎ方。
2匹。
あともう1匹はまだ孵ったばかりで草にくっついていたもの。

多分散々産卵はしているのだろうけど、食われてしまっているのだと思う。
良く生き延びたのう。しかし、危険な場所であるのはかわらない。
すくって、ヒレの赤くなってきた稚魚2匹がいるハイドロカルチャーポットに移動。

ここには 小さな小さなボウフラ状のものがたーくさん沸いていて まだ先住稚魚がこれを食べ始めていないのが良くわかる。 一番のチビ稚魚もこのボウフラみたいなものよりもかなり大きいので デカ稚魚には食われないはず。

このまま 一ヶ月放置プレイで大丈夫だろうか・・
3匹なら 餌無しでも育ちそうだけど5匹となるときびしいかのう。

この三匹は 両親ともカーディナル(お店のごたまぜの売り方をみているととても純血とは思えないけど)なので どんな風になるのかとても楽しみ。
大きいほうの稚魚は ノーマルタイプのロングフィンとカーディナルの子だと思われる(確信はないけど)ので違いも 見てみたい。

・・・・・・・・・・・・
秋になって アカヒレを外から引き上げるときに 多少ともでも増えているといいなあ。
45センチの水槽に入れてみたいのであった。
あれは外掛けフィルターだからそこで 観葉植物もそだててみたい。
[PR]
by maryane | 2010-07-13 02:24

みんな同じ値段

ロングフィンアカヒレはノーマルと一緒くたになって売っている。
この魚ください・・というとテキトーにすくってくれて友だちのうちではノーマルとロングフィンがごたまぜになっていた。
とにかく先っぽが赤いカージナルとよばれているのとか先っぽが白いのとかもいっしょ。ノーマルも一緒。
値段も同じ4.90フラン 今の為替なら400円くらいかのう。

何故??

ゴールデンだけは色が違うから別の水槽にはいっているけどやっぱり4.90フラン。

ゼブラダニオもレオパードダニオもロングフィン ノーマル全部一緒の値段だった。
[PR]
by maryane | 2010-07-10 13:46 | アクアリウム

問題魚 隔離

楽しそう・・と思っていたけれど やっぱり何時みても 一匹だけレモン色背びれのゴールデンアカヒレがみんなを追い掛け回している。
この子 体高も高くて ちょっとバタ臭い顔しているし デカい。その上レモン色の背びれだけが取得で 体は肌色。その上灰色の汚れが体の側面を車こすったときみたいについている。
Manly Man 実に男らしいんだけど メスの尻尾は追いかけないんだな。どころか、だんだん他のアカヒレに疲れが見えてきた・・ような気がする。
ちょっと 見えるところに行くとつつかれるし それどころかやつは追いかけて追い詰めてびびびっっ実にイヂワルなのだ。アカヒレって泳ぐの速いからタライをあっという間にぐるるっっ。


で、隔離。
家の中の水槽 魚がいなくなっても水草はそのままだったからちょいと困っていたのだ。
じーーーーっとみてみると 今まで良い環境にいたからそうなったのか 年をとってきたから出てきた特徴なのか 気がつかなかったことが一つ。
c0047812_16261349.jpg体の真中から尻尾にかけて 赤い色がついている。うーん何度みても赤いぞ赤い。
移動したあとすぐに 随分体色が飛んでしまったけど。すくいたてはそりゃあもうロングフィンのような赤さ。
ぼけぼけの写真、コントラストつけたら少しはわかるかしら。尻尾も白いけどいつもは真っ赤。背びれだけは黄色にちょっぴりさきっぽが白。

ここで想像。
このやたらと気の強い かわいくないゴールデンアカヒレ ロングフィンアカヒレの元になったノーマルアカヒレから作出されたものではないか。少なくともその血を持つかも。
その異常な気の強さ。そのでかさ、アタマと体のつなぎ目のラインの感じ。これってロングフィンじゃないか。
黒じゃなくて うちにいるアカヒレたちはみんななんだか灰色っぽくみえるもん。このゴールデンのシミも灰色にみえる。

普通のゴールデンと ロングフィンアカヒレの交雑したものとか・・

そう考えると 最近お店でみた やけにでかい ゴールデンアカヒレの数々に納得行く気がする。ロングフィンの系統・・
(と思ってもう一度赤い線を確認・・・してたらレモン色の背びれの一番はじっこは白。うーんこれはカージナルアカヒレの特徴じゃあないなあ。所詮想像に過ぎないか・・。ノーマルアカヒレも良く見たら赤い線あるのかなあ・・黒がないから赤が目立ってきただけなのか?)

別の店に行くと オレンジで普通サイズのゴールデンアカヒレもいるし、また別の時、別の店に行くと でかくてシミのあるとてもアカヒレとは思えない魚がいるし、ブリーダーによって全然違うゴールデンアカヒレをそだてているみたいだ。

個人的には・・アカヒレは あんまり大きくならないほうがかわいいとおもう。とくに肌色アカヒレ。ノーマルはフナみたいだからゆるす。

こいつ君には 花瓶にはいってガラス面についた へんなくねくね虫を退治を命ず。
少し ここでやせたら他のアカヒレと拮抗して弱いものいじめしなくなるかもしれない・・

・・・・
それから・・
ノーマルアカヒレがどういう動きをしたか、細かい記憶にないのだけれど(観察のためノーマルも数匹手元に残して置けば良かった) ノーマルはもっと体が短くて顔をうごかすようなことはあまりなかった気がするんだけど このゴールデンはちょっとベタみたいな動き。
ベタは顔を持ち上げるでしょう。そんな動きをする。
ノーマルもしてたっけ。

まあ、結局メダカといっしょで渓流だかとにかく流れのあるところに住んでいたらしいから流れによっていろんな系統はあるに違いない。

一つの場所 一つの小川からとってきたって考えるほうがへんであるもの。

・・・・・・・・・・・
沖縄 某川のアカヒレという動画をみた。
これみると ああ、アカヒレ流れの中でイキイキだなあ。

はっ、いかん。こんなにアカヒレがイキイキふえてしまって いったい沖縄メダカはどうなった。
中国ではいろいろあるが カダヤシのせいもあってアカヒレいなくなったってWikiに書いてある。カダヤシって中国語で 食蚊魚。そのものだ。
もともとカダヤシにやられたっていうメダカ・それにやられたアカヒレが繁殖しているんじゃメダカにチャンスは全くないであろう。
[PR]
by maryane | 2010-07-08 22:46 | アクアリウム

卵?

どちら様だったかのブログで読んだ。
ホテイアオイをいれておいて 卵うんだらしかったらホテイアオイごと引き上げて別の入れ物に隔離すると 稚魚生まれる。と

ばら撒きがただけど たしかにホテイアオイの 立派な根なら下まで落ちないでひっかかっているのもあるかも。

3日ほどつづけて ホテイアオイを引き上げて プラケの中でゆすってみたけれども、今日になって卵らしきものいくつか発見。
たったの三つ四つ。それにワタシの記憶にあるものよりも随分と大きい。

無精卵で水すって大きくなっているのか、ウナギみたいにでっかい(まさか・・)ナガヒレが産んだ卵だからか・・・
よくよく見ると 白っぽくなくて 極々小さい以前の記憶にあるようなのも幾粒か・・

いまいち プランクトンが発生していないようにみえるけど 稚魚のハイドロカルチャー用の鉢に 水ごと入れておいた。食べカスも膨張したのも入れてしまった。良くなかったのう。でも とてもちいさなプランクトンやミミズかウジみたいなのも沢山いた。稚魚は無理でもプランクトン増えてくれるとよいのう。
[PR]
by maryane | 2010-07-07 17:35

ボウフラゼロだけど稚魚もゼロ

外の アカヒレ。
それぞれの入れ物に たあっぷりとボウフラと 良く似た上いったり下いったりする虫が沸いておったのだ。トン、とたたくと ひらひら下に逃げていくやつ。
ちいさいのとか でっかくて触覚みたいなのがあるのとか いろんなのがいた。

が・
今、現在 ボウフラゼロ。食べられそうな生きもの 全くなし。クリーン。
ウキクサのせいか 水も緑にならない。 藻も生えてこない。

ユスリカ大発生で困っているという話聞くけど カダヤシを飼ってはいけないならアカヒレどうだろと思ってしまう。
少なくても我が家ではたべているぞ。ほぼ100%(今のところ)
ちなみに ロングフィンとゴールデン。特にロングフィンの食い気がすごい。

そして 稚魚の発生もゼロ。
仕方ないので 餌をやる。結構やる。でもちっとも太らない。
恋で全エネルギーを消費しているみたい。

おなかすくから 卵も稚魚も食えるものなら全部食う。たぶん。壁にむかって良くむしりとるみたいな動作している。コケたべているのか、何かいるのか。稚魚なんてひっついてたら一発でたべられてしまう。

2年前だったか 稚魚生まれたけれど、そういえばあの時はノーマルアカヒレだった。
もしかしたらロングフィンの方が雑食 貪食 なんでもガツガツなのかも。

ロングフィンは テントウムシが落ちてきたら 全員で襲い掛かっていた。
いくらなんでも食べられなかったけど・・ ほんとがっついている。

どっさりホテイアオイが埋め尽くしたりすれば可能性があるのかも。
ホテイアオイは太陽に宛ててやらねば 増えないなあ。
でも そんなに太陽あてたら お湯になってしまう。

一番いいのは でっかい素焼き鉢、または最近なら 素焼きみたいにみえるファイバー入りの鉢 水がちょっとずつ表面から蒸発するのに 植物いれて南向きで飼う。
毎日 植物に水をやるように 汲み置きの水を足してってやる。

という管理が一番いいのかも。
そうしたら 植物イキイキ。水の温度も上がらない(素焼きの水瓶 アフリカで使っているやつ、中の水は気化熱でひんやりというではないか・・)
お魚 イキイキ。みんなハッピー。

ね。
でも、そんな素焼きの穴のあいていない瓶、どこにあるというのだ・・・ここスイスで。
冬は絶対につかえないし。凍って割れてしまう。

インターラーケンに別荘のある友だち曰く 池には金魚がいて 冬になるとご主人が薪を放り込んでおくのだそう。かちこちに凍って冬スキーに行く時は その上を歩けるくらいだけれども 春になると やっぱりまだ生きているそうな。

金魚すごい。
[PR]
by maryane | 2010-07-05 16:22

いそがしい・・アカヒレ

メダカ・・遠い昔の話になってしまったので メダカの動きなんて思い出せないけれども・・随分とかわいいものらしいのう。

アカヒレはちょっと沈んだ睡蓮の葉っぱの上で日向ぼっこなんてありえない。
餌の食べ方も 電光石火だし。
一緒に飼っていたらメダカには相当ストレスなのではないか・・

警戒心 グッピー<めだか<アカヒレ だな。
いや、それともメダカは住んでいる場所がもともと水面近くがデフォルトなのだな。

アカヒレはもっと水流のあるところの魚なのであろう。

・・・・・・

でも、ゴールデンちゃんたち 青水になっていないからもあるけど 良くみえてなかなかよろしい。せめてヒメダカを飼っているような気分になる。

アカヒレはこれだけ飼いやすい魚だから もうすこしブリード努力をしてほしい。
うちの子ら みても
肌色レモン背びれと
明らかに きれいなオレンジ色の子黒のシミもないの(★になった)。
今のはオレンジで黒のシミあり。

オレンジのは 肌色のゴールデンとくらべたら まるで ヒメダカと楊貴妃メダカみたいな違いだぞ。(言い過ぎかな)


割とすぐにつくりだせそうなのは

オレンジアカヒレ 既にいるけど シミの無いのを固定して欲しい。そしてビビッドなオレンジ。


肌色で黄色背びれアカヒレ 黄色いヒレ。ヒレが黄色っていうことだけがいいとこ。

これで肌色じゃなくて 白でヒレだけ黄色。
白でヒレだけ赤

光アカヒレ

アルビノ 赤目好きに 尻尾も白いの? そうだよね

さらに これらのナガヒレ版
それに そのうち だるまアカヒレとかね これはちょっとむずかしいかな

ナガアカヒレの オレンジ版や白いのなんてきれいだろうなあ。黒い色素がなかったら おなかのワイン色がはっきりとわかって。随分と派手になるはず。

以前 尾曲がりの稚魚がいて 大きくなったら始末するに忍びないだろうと 親魚のところに置いたままにしておいたら食われてしまった(って食わせてしまったのだけど)、あれなんぞ 以外と面白いアカヒレになったかもしれないな・・。
[PR]
by maryane | 2010-07-03 19:02


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル