<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

試合中 選手の靴がクローズアップになる訳

モニターの前での観戦者の怒り。

靴のクローズアップ。あああっ、今どんなポジションでスピンしているのよっ (怒)

ISU キミにできる一番簡単で選手に負担をかけず 万人に喜ばれるルール改正が一つあるぞ。
放映権に関するルールだ。

放映に際しては選手のなるべく全体像を映すこと。
靴のクローズアップは現金。おっと ちがった 厳禁。とする。

とある、クラブのママ友ら憤慨。
なんだあれはっ。全体像をうつしてもきれいに軸がとれているではないの。というと

あれはね。きっと 靴メーカーの実弾よ。ヨーロッパ大会だからかさすがに エデアがおおかったわね。
エデアって はっきり書いてあってよくわかるのもあったわ。と
カロリーナはグラフだったかな・・

ひゃあ。なんだか現実味がある。オーバータイツをはいている選手のもとりあえず映してはいるけどね。さりげなさをよそおっているだけだあ・・きっと。

そういえば ブレードのメーカーもね。意外とよくわかる。

別のママ友は実際クローズアップになるとどのブレードつけているかみるといっていた。
そういうワタシも あー カロリーナはパラマウントだあ。とか認識しているし。

クローズアップの効果 ばっちりじゃないの。

というわけで 今後もスピン中の 靴のクローズアップは 靴メーカーとブレードメーカーの実弾攻撃により づっと続くのでありましょう。
実弾がピンポイントでおとされているのか 作戦本部に落とされているのかはわからないけれど・・

いや、ま、妄想です。妄想・・(といっておこう)

憂鬱。

・・・・・・・・・・・
おかげで 最近 靴の結び目を白や透明テープで結び目のところぐるぐる巻きにしている選手がたくさんいるのがよくわかる。たしかにこれなら安心? トレンドかな。
[PR]
by maryane | 2011-01-31 16:24 | スケート

ベイブレードな フローランジャンプ

ちょっと感想 
男子。男子はいいなあ。やはりね、男子の動きすごすぎる。ダイナミックで面白い。女子の後にみると 目をみはるようであるよ。


まずフローランおめでとう。
フローラン 喜び爆発の17歳。よろこびっぷり 本当に男の子だなあ。おめでとう。
このプログラムは 見ている間に いいからっ、踊りはいいから早く滑らないとと思い すべってすべって ジャンプジャンプぅ キミは独楽か、ペーブレードか。
お、また踊っている。わかった踊りすごくうまいぜっ。それも恥ずかしがらずにしんからおどっているところがえらい。が 早くすべりださないとっっ と  
おっ、またベイブレードジャンプ。ステップしてて あっ、わかったわかった踊りもいいけどステップ踏まないと・・
と なんだかハラハラどきどきしながらみた。

彼のトウジャンプみているとトウを付く位置がすごーく近くて あんなにちょっとしかタメがなくて タイミングがものすごく早くて どうやって跳んでいるんだろう。プリンとしたお尻 足の筋肉。バネがなみはずれているのだろか。
足の筋肉 昔のジューベールがあんな感じだったような気がする。

フローランのジャンプがあまりにもすごいから つなぎでいろいろしなくても いい。
つなぎで躍らせるほど まだスケーティングが付いていっていないから 今回は とまっておどらせる。ジャンプの鮮やかさで勝負だ。なんてモロゾフはかんがえたのであろか。
しかし、モロゾフの勝率のすごさよ。

別に立ち止まって踊っちゃいけないという規則はないけれど、今シーズンはずいぶん多用している。美姫ちゃんのプログラムといい いいのか。キムヨナがやってたって そんなにはかんじなかったけれどアレ以来?
フローランがゴールドとって ますます こういうのがはやり始めるのかなあ・・

ジューベールは決して 踊れる人ではなかったと過去形で 踊る人にはやっぱりならなかった。去年のショートみたいなのはいいけど 今年のベートーベンはどうにかしておくれ。がんばっているのだがのう。

ジャンプ一筋でいくとやっぱり 弱い。フローランがどうそのあたり成長していくか楽しみ。

・・・・・・・・・・・
ところで 美姫ちゃんも観戦しにきていたそう。お手洗いで見かけたとママ友。
[PR]
by maryane | 2011-01-31 01:04 | スケート

ステファンがサラにイイコイイコ・おめでとうと感動

日本語ではシュテファンじゃなくてステファンランビエールだね。

サラちゃんの欧州チャンピオン・ゴールドの動画をさがしたら一発でステファンがサラちゃんにインタビューの動画がでてきた。

サラちゃんが まずフリーの点を聞いて きゃー で 一位ですと聞いて きゃあああの画像のあと
ステファンのインタビュー。彼の声も感極まって 高くなっている。テキトーに訳すと

どうやってやってのけたの どうやって。

自分でもわからないわ・・
この瞬間を長い間夢見ていたけれど 現実になるなんて信じられないくらい。

キミは(フリーの)前に 死んじゃいそう といったけど 死ななかったね。勝ったじゃないか。死なないで勝ったね。僕たちはキミを本当に誇りに思うよ。(彼はフランス語を普段はなしているけどドイツ語もできる。)

本当にサポートをありがとう。大歓声でしんじられないくらいだったわ。スタート前に感情に流されないように自分を律っしなければならなかったわ。ステファンにもいったけど 死んでしまいそうだった。
でも 生き延びた。

このアタリで ステファンははじめはサラの腕をぽんぽん 話を聞いているうちに背中をよしよし。
肩に手をかけて顔をよせて 生き延びたの・というサラに

よかったね。

ステファンはボディーコンタクトがたくさんある家族にそだったから 日本にきてそういうのがないのでびっくりしたってどこかでいってたけど サラの優勝を本当に心から喜んで もうイイコイイコしたくて ヨロコビを分かち合いたくて感動している様子に心あたたまりました。
[PR]
by maryane | 2011-01-30 23:38 | スケート

サラマイヤーおめでとうおめでとう!!

うー助は病気 C太は補修校何度もやすんでいるのでとても休めない本日土曜日。
大急ぎで帰ってくると サラちゃんがメダル首にかけているっっ。れれれ
なにいろだったかわからない。ブロンズ まさか 金?? 
台の右や左と 台の真ん中とは天と地の差。
怪我で ろくに練習もできずショートをみても体が絞れていないなあと思ったのだった。
ゴールドは普通のコンディションではとれないけれどノーミスできれいにまとめることに専念するといっていた。 ブロンズくらいは取れるかもと。といってたサラちゃん。

ん、ん、夢からさめたらうそだったなんてことがないといいけどなんていっている。
うわああ。
ゴールドっていったよね。
・・・・・・・・・・
聞きたい、聞きたい。どうだったのよおお。
ママともも クラブの父兄 子供たちも 大挙してベルンに応援観戦にいった。

かたっぱしからベルンにいる友達に電話かけても つながらない~。

やっぱり優勝だあああ。
すごかったって。
・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・
足の腱をいためていたから 悪化しないようにそうっとそっと練習してて絶対に スイス地元での欧州選手権に参加したい。といっていた。
ショートの時だか また練習の時いためたという話が伝わってきたのだ。

もうプログラムの最後の方はみんな総立ちだったって。感動して泣いている人もたくさんいたって。
練習の時はぜんぜんダメで すごく心配したけどと・・。

サラ おめでとう。スイスに感動をありがとう 子供たちにこういう姿をみせてくれてありがとう。おめでとう。

楽しむためじゃなくて アグレッシブに攻めるとコーチにいわれた。と。コーチは彼女のおばさん。
去年は 気を楽にもってというスタンスでやったけど だめだったから。

サラちゃん 今までいろんな場面で 歯を食いしばってがんばるところ で がんばる ということをいっていた。

そして この引退という試合で彼女の人生に大きな大きな花束。ゴールドメダル。
ここのところずっと思うに任せぬ競技人生を送ってきたサラちゃん。腰、膝、足と数々の負傷。
本当にうれしい。本当によかった。

根性である。

あー ついに彼女に ヨーロパ選手権ゴールドメダリストという タイトルが。
欧州のチャンピオン。
スイスに栄光。子供たちに勇気とその姿。最後にみせてくれて本当にありがとう。

美しい星がいなくなって さびしいよ。その前にひときわ輝いてくれてありがとうね。

ではこれから ユーロスポーツをみることにする。

・・・・・・・・・・・
サーラーっっ もらい泣きっ。
サラって どちらかというとクールビューティーなのだ。
なのに 最後の最後のコンペティターとしてのフリースケーティング、滑り終わった瞬間 万感胸にせまった彼女。


キスクラでのサラ。きゃあというより うわあ うわあって もう口がしまらない彼女、もうかわいくて。
彼女の胸に押し寄せるものの大きさとは比べ物にならないとは思うけど 感動。

たくさんの怪我のりこえて ここまでやってきた。
最後の晴れ舞台をこんな風に終えられる人が世の中にいったい何人いるだろう。

これが最後の試合という舞台で なんというシンデレラストーリーでしょうと英語の解説者。
夢のよう。フエアリーテールという意味でいったのだろうけど ほんとうにその通り。
夢のような展開を勝ち取るために長い長いスケート人生だったね。
華麗なる幕でありました。

ドイツ語の記事

物語だとしたって キッチュなくらいのすばらしいハッピーエンドだった。
アイスプリンセスがついにその夢だった 王冠を得た。そしてアデュー。


・・・・・・・・・・・・
それにしても でてくる選手 みなよほど寒かったのか ボディーはきているわ 手袋をしているわ・・
真っ白な軍手みたいにみえる毛糸の手袋していた娘もおった。
サラちゃんも黒の手袋に肌襦袢。とにかく寒いのでその点は十分に対策たてて行きます、って。軍手の子はこんなに寒いってしらなかったのね・・きっと。
[PR]
by maryane | 2011-01-30 01:55 | スケート

欧州選手権ペア 最終組。

欧州選手権ペア 最終組。

川口ゆうこちゃんとスミルノフ(だっけ)と アリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー(ドイツ)組のスーパーペアのタイトル争い。
去年タイトルをゆうこちゃんたちにとられたアリョーナとロビン。

悪いけれども普段 ペアをろくに見ない目でみると みても、みるから
なんでもいいけど 差は歴然。にみえた。

川口スミルノフ組に勝ち目はないようにみえる。怪我などもあったみたいだけれども、ちょこちょこ見るたびに思うしショウでみても同じ印象なのでやはり ワタシが受ける印象は 一定なのだとおもう。


もうしわけないけど 優勝したペアはやっぱり次元を超えたところにいるようにみえる。
彼らのいるところにいける人間もいる。
おそらく今回三位のロシアペア。今壁を越えつつあるので違う世界に行ってしまうのも時間の問題だと思う。

(とかなんとかいいつつ ずっとアイスダンスもペアも真剣にみていなかったんので その場なテキトーなつぶやき。)

アリョーナのピンクパンサーはすごい。白人でここまで忍者でパンサーな人みたことない。

彼らがいる場所の前には立ちはだかる壁がある。別次元。シルクドソレイユの美しい超人たちを思い出す。

かわぐちゆうこちゃん・・
がんばっているなあ。すごくまじめで一生懸命な人なのだろうな。

でも
いつも思うけれども 彼女のスケートには・・・ごめんね。ワタシがかんじていることをはっきりいってしまうと・・
楽しさがない。余裕がない。
いつも思うけどもう出てきたときから 拒食症かも・と一瞬思うくらい細くて細くてスケート靴が重そうにみえるくらい。体脂肪率女性だけど5%とかなのでは・・ふけて見えちゃうよ。
顔も必死でこわばっていて 見ていて楽しいとか美しいとか思えない。楽しめない。
体が軽ければ高度な技ができるのかもしれないけれど、あそこまでがりがりだとペアとしての美しさも半減。

それから このドイツペアのような信じられないようなバネのある究極の肉体のコントロール力からくりだされるプログラム全体にただよう 別次元な雰囲気・・
そういうものはない。(このドイツペアがよほど衰えてこない限り そもそもの肉体的能力が違う次元にあるのでみながいくら努力しても無駄な気がしてくるのでは。)
アリョーナの肉体もすごい。一ミリの無駄もない体にあの ピンクパンサースーツ。ユニタードがここまで究極にカッコイイ人もなかなかいないのでは。難をいえば・・背中の色黒すぎ。金髪だけどこんがりという白人の美の基準、東洋人からみると なんじゃこれ。多少はいいんだけどね。やりすぎ。本当に焼いていないで ぬってこんがり色にするんだよ・・お肌によくないからね。

川口スミルノフのプログラムは・・高いレベルにはあるんだけど 通俗的にみえる。古臭いといってもいいかも。
あれしたり これしたりしているんだけど。
もしかしたら コリオグラフによってちがってくるのかもしれない。

三位のロシアペア 曲はアイアンマン あのヤグディンが使った曲。女の子の動きが美しすぎる。
でも、一つ一つのエレメントが 超絶。そして美しい。
女の子はジャンプのランディングのポジションさえ美しく力強い。彼らが大きなタイトルをとるのも遠くない日なのではないかしらん。(ってぜんぜんペアのことわかってないんだけどね)
バレエの基礎がばりばりにあるというのも一目瞭然。
とにかくこのペアは一押し。

・・・・・・・・・・
イタリアのペア。あれれ、アイスダンサーがまちがってまざっている・・かのような彼女の体格。
背もペアの子としてはずいぶん高いし これだけたっぷりお肉がついている。良くペアができるのう。
でも見た目はかわいくて やっぱり ロシアの二人ドイツ代表の彼女らと比べると こういうのが(欧州の)普通の女の子ですという感じ。ロミオとジュリエット 美しく 情感をこめてまとめました。
いいなあ・・普通で。
こんなに ぷりりんしているのに サイドバイサイドで トリプルサルコウを組み込んでいる。女の子がダブッていたそうだけど。

気迫せまりすぎるカワグチ組みのあとにみて、なんだかほっとした。

・・・・・・・・・・・・・
ところで ちょっと ゆうこちゃんの必死ということについて考えてみた。
ロシア国籍をとったとはいえ、日本人。その中で代表張っていくのは実績をともなわないとむずかしいのかも。特に若手が台頭してきている今。

・・・・・・・・・・・・・
ポリティカルなものが関係しているとしたら かわいそうだのう。

シングルで 表彰台の上に 三人東洋人を乗せても 欧州、北米フィギュア界としてはどっちらけ。ミライちゃんはアメリカだけど 欧州は多分東洋人と白人なら白人にシンパシーを持っているので たとえ北米人でも やはり白人が勝つほうが面白いと思うかもしれない。

ワールドを控えた 欧州各国の国内選手権 アメリカ選手権 欧州選手権ではなんだか ホイホイ点がでて うちの持ち駒は すごいんですう・・というアッピールすごいし。

でも、アリョーナロビン組みたいに圧倒的だと スカッとする。
彼女がスピンを失敗しても やっぱりこの結果で納得。
[PR]
by maryane | 2011-01-28 07:06 | スケート

新しい葬儀の形

身寄りのない人がお金をはらって生涯、あなたの家族の代わりとしてあなたを支えます。といいうシステムに入会する。という高齢者を支えるNPO法人の記事を読んで 本筋とは関係ないこと少々考える。

記事の最後の方に 十分なたくわえのない人は法人としても葬儀をすると10万ほどかかるので骨はひろわず 火葬後「ご処分」くださいますよう。お願いするのだそうだ。

このシステムの話はなるほどとおもったけれども、それよりも 火葬になった時点で話が終わる。人生もおわる。という点が気になった。肯定的に。

もっと人が大地と近しく暮らしていた時代には 土葬された遺骸はまさに土に返り、時代が移り変われば記憶とともに風化していった。
今はいつまでも無機質な社会のお荷物になっていることが多いような。まさに死んだ一角。いくら家族がくる墓地でもいずれはそうなる。

スイスのすくなくともこのあたりは20年とか25年間墓地にはいっていられる。その後は新たにお金を払い込むと延長。
25年たった墓地の一角はきれいに掘り起こされ整地され 新たな墓地として端から埋まっていく。
幼いもの、若者がなくなった場合はそちらのコーナーがあり 特に長めの期間が設定されていて残された親族が
墓地の移動や整地に煩わされないようになっている。

墓地の整地の時 いちいち骨壷をあけたり捨てたりする手間を省けるよう木製の骨壷 いや灰壷を推奨しているとも聞いた。

火葬場で火葬にした時点で 葬儀、送りの儀式が終わる。
これでいいのではないだろうか。骨だの灰だのは捨てられる。処理される。できる限り廃棄物が少なくなるようにしておくといい。

送りたい人はそこで十分な弔い、送りの儀式をして終わり。
非常にすっきり。
骨や灰を特に持って帰りたい人のみ 持って帰れる。墓地への埋葬は オプションとしてとっておいてもいい・・。
それもだんだんと少なくなっていく・・

という形に移行していかないだろうか。

残されたものたちへの心のよりどころとしての儀式がほしいのなら 最近人気の 森へ樹木の袂へ 海への散灰。

遺骨や遺灰をダイアモンドにするサービス など非常に いいと思う。。火葬しておしまいで納得できない残された人々のために 形に残る価値ある形。
(そのうちにたくさん遺灰ダイヤが出回り、ダイヤマーケットでこれは遺灰ダイヤではありません・なんてわざわざ保証書をつけたりして・・)

墓石などよりも堅牢。場所もとらない。美しい。
抹香くさくなく いつも身近にいられる。身につけていなくてもいいし、身につけるアクセサリーにしてもいい。
灰になって炭素を取り出したとき、炭素はただの炭素だけれども。でもそれは 文字通り 故人の残した最後のもの。
特に日本の 何の愛着も感じられない 墓石。
アレと墓地代にお金をかけて見栄を張りたい人々もいるであろう。
なら、こういうサービスで思いっきりでっかいダイヤでも作ればいい。

将来どのくらい大きなダイアを故人の遺灰から作成するかで見栄を張るようになる人もでてくるかも。
おーっほっほっ。○カラットあるんですの。なんてつい言っちゃう未亡人。

いつの世でもいるから、そういう人も。
ひっそりといつも身につけていられるアクセサリーにする人もいるだろう。
いずれにせよ 葬儀にお金をかけるくらいならこのほうがずっといいような気がする。

お寺ビジネスしている人たちは大変だろうけど、今がチャンス。
うちでは 遺骨からダイヤを作成サービスをサポートしております。ダイヤになってもご供養はばっちり。
墓地墓石有り無しオプションとかで時代を先取りする。
いや、ふざけた話ではなく。

・・・・・・・・・・・・・
文化の中に習慣があって、モラルや行動規範がそこに基づいているので 
うちはしません コウ思いますから
などといっても にわかには変わるものではないけれども
家族のつながりが変わってきているのだから 習慣も変わってきて良いのではないか・・

一周忌 三回忌・・などなどなにも墓のある寺でしなくてもいいわけだし。
(だから、お寺さん、はじめからダイヤ供養を取り込まないと・ビジネスのがしちゃだめだよ・・。きっとそういうニーズあるから)

・・・・・・・・・・・・
ええっと つまり葬儀のプロセスが もっと短く簡略になっていくのではないかな・・と。

大昔は火葬までに何日も待ったり 喪には三年服したり。
今は簡単になった。
これからも 変わっていくだろう。
[PR]
by maryane | 2011-01-26 16:52

こっちの方がいいじゃない

とにかく・・
先生の話にあわせていると 撃沈してしまうので ダブルジャンプの種類を変える。
今回の様に試合の場でいきなりしたこともない ルッツ→トウの変更をいわれて できません・・じゃしょうがない。

いくら練習でできても 試合で頭に血がのぼったらできないのだから 得意なジャンプにして すこしでもプレッシャーを減らすのだああ。
いまさら遅いかもしれないけど。

得意なもの、入り方大きくかわらないようなものに。

ショートは ルッツ トウ を がくんと落として トウ トウへ。しかしとにかく確実。 

フリップをループに。フリップとループ同じ点なのに なぜフリップを入れなければいけなかったのか・・
C太はループの方が得意なのに。


フリーは
ルッツ  → トウ 
二つあるうちの一つの
フリップ トウ → サルコウ トウ こっちのフリップはスリーターンから入るフリップでC太、大嫌いなのだ。
(現在どうなのか知らないけど、フリップの王道ってまっすぐ滑ってきてちょんとついてまっすぐスリーターンとかモホークとかでないのか。エッジエラーについてうるさくなってからこの入り方をやらせるようになった・・。右が下がりやすくて 確かにすごく難しいと思う。)

サルコウなんて ここのところほとんどしていなかったけれども きれいに流れのあるコンボができた。

本人も簡単にしたら踊りにキを使うことができてよかったとのこと。
あーあ。これを試合で降りてたら GOEでもプラスついかたも・・と 過去形皮算用。
いずれにせよ あがっちゃってだめだったかもしれないけど。

とにかく滑り込むしかないでしょう。

ノーカンスピンは フライングにすべきところをバックエンタランスにしてしまったから。

誰かがスピンを変えたから・・と。
ハイハイ。スピンを変えたのは自分たちです。

C太がドーナツできるようになって 変えたスピンをいれてすべって 先生どうだって? うん、きれいだって。
なんて会話。
その後も ずっとこのスピンで滑ってきたのでこちらとしてはチェック済みだと思っていたのだ。
だれもツメてくれないのだから自分たちでツメなければいけなかった。

おかしいとは思うけど、事実そうだから。
[PR]
by maryane | 2011-01-26 05:48 | うーしースケート日記

幸せになれよパンスカ いやスカパン

お友達 
久しぶりにお会いしたら ちーちゃいなあ。お嬢さん。びっくり。うちのムスメがでかいのね。

これではとてもとても 140cm黒と紫の方はだめかしらんと思ったけれどもウエストを縫い縮めれば大丈夫。ずるずる長い感じはせず。とっても似合う。
135cm豹柄はぴったりかな。こっちも良くにあうよ。くるりんとまわるとひらってなるんだから・・

両方ともお嫁だか養子だかにいってもらった。たくさんはいてもらえるといいね。大きめだから冬でもパンツの上にはけるし・・使い倒してもらうんだよ。
[PR]
by maryane | 2011-01-25 17:19

ヘリンボーン>>>

ドラゴンになるムスメをみたくない。自分でコントロールしてくれ・・
それから 何をいっても できた。もうやったからいいとの反応で ここがクリティカルだなーと思うのに 適当にやっているのをみているのもハラがたつので気力がなえて今回はずっと放っておいた。

すごい結果になった。ヘリンボーン模様のたくさんツイタプロトコル。こんなのみたことない。

10日くらい前からもう全く飛べなくなっていたらしいc太。

大会の6分間で じゃあ トウループに変えたら? と先生にいわれ
そこのところは一度もやったことがないのでかえられないと そのまんま激突玉砕。

大会後 先生と話す。
ダブルでとにかく通したのは良かったけれどもこのプログラム構成で試合ではできない。もっと簡単なのにするべきだと思う。と
それから なぜ簡単なのにしないのかと聞くと 先生が怒るからダメだ・・といっているC太の話も。
シーズンはじめにどうしてもダブルルッツ フリップをいれた構成で行きたいとわざわざ話がある・・と呼び出されたのであった。そういえば・・
 
うーん。できないならしょうがないなあ。じゃ変えるか・・
いきなりココでかえても あと二週間しかないのにできるだろうか。
最後の試合まえの試合。昨日の試合が一番大切だったのに。

トウループやサルコウ ループでの構成だったら 彼女だってここまで玉砕しなかったはず。フリップをチャレンジでいれてもよかったけれど。

C太のドラゴン 爆発はしなかったけれども 脚なんかまがってないし 腰なんかまがっちゃっているし 全部早くなっちゃってためなんてどこにもないし。

しばらくぶりに誰もいないリンクで彼女らみたら とび方が変わってしまっている。どこにもタメがなし。
どうしちゃったんだよおお。

うー助も ここがクリティカルというポイント いっしょにやったところやっぱりダメで。わすれとるがなっ。
はあ~。

低空飛行なのはわかっていたけど ポイントはずした練習していてもしょうがない。
何のためにやっているのかなあ。

練習量も徐々に少なくし たらたらと練習してもしらんふりして 結果が付いてこないようになって うわ~
ついていけない、うまくならないやっぱり無理だ~という感じにならないと なかなかやめるというのもむずかしいものよな。
この フェイドアウトのプロセスにかかるお金がもったいなくて やるならしっかりやれ~とついついいってしまう。

そんなこんなも お金がそんなにかからないなら問題にならないのだけれど。いくらでも好きにつづけてくれ~とおもうんだど。

・・・・・・・・・・・
あ、、それからクリスマス休暇中に変えたスピン。フライングではいるところをずっとバックエントランスでやっていてD先生も何もいわず・・・
レベル3のハズだったんだけど ノーカン・・・・

オトコ先生はD先生がそういうのみていると思うし D先生はサブでやってて 責任をもつという感じではぜんぜんないし、もうこの世界こういうテキトーなのわかってるんだからワタシがしっかりしなくてはいけなかったんだ・・・

毎日レッスンをとれる子はもうすこし細かくみてもらえるのだろうけどD先生週一回ではね。
[PR]
by maryane | 2011-01-24 21:56 | うーしースケート日記

厚手スパンデックス パンツ付きスカート5

これは 新体操用の型紙を買ったときにすぐに作ってみたもの。・・・ってぜんぜん型紙どおりじゃなくてただの下半分だけ。これも載せておこう。
ボトム用に買った布で ざらつき感があって不評だったもので。
型紙よりもスカートを激しく長くして(前もかなり長くしたけど・・それでも平置きにするとパンツみえる。もちろん履くとみえない。すっきり短め。後ろはクロスしたり前傾した姿勢のときにお尻がみえない長さ。)

しかし、この大不評だったボトム用スパンデックス一度あらって柔軟仕上げ剤を使ったらかなり良い感じ。しかしそうすると今度は転んだときに水がしみこむんだなー。
まあ、ボトムは日本で買ったクロエのものが質感といい伸びといい莫大に気に入っているので次回もクロエにすることにしよう。または ポーラテックも試してみたい。
ええっと また話が飛んじゃった。

c0047812_20444835.jpgそれにしてみ 全く光沢のない ジミ中のジミな黒。どうにかなんないかい。なんないなー。
それに長くすると足さばきがわるくなるので 紫の衣装のときの残りのレースをはめ込む。しかし、残りの残りなのでたりなくて細い三角形二枚を真ん中で接いだ形。紫のようにレースの角が90度ないので回っても全円には開かない。けど ちょっとふわっと開く程度だけど つけた甲斐はあり。
レース引き出すとラインがちがうけれども立ったとき内側に折りたたまれたレースが丁度同じ長さになるカットにした。
何が悲しくてこんなジミな黒。たとえていえば喪服のような。レースや石で少しは中和されたかな。
この布の取り得  んー・・・丈夫なこと・か。

石は小さいのをレース全体に散らせばよかったかも。しかし、この石は古い服からむしりとってきたものなので これでよしとする。この石の大きさだと散らすには大きすぎるから・・

152cmで作ったので余裕シャクシャクで ピタ長パンの上にかさね履き。それでもお尻余っているくらい。

ああ、今度つくるなら前か、横、フトモモにスリットのはいったミニタイトが作りたいなあ。
C太は莫大に胴長だからにあわんし うー助もそういうタイプじゃあなあ・・
少女たちよっ。フトモモをみせよ。キミたちのかっこいい健康美に輝く脚をおばさんはみたいっ。(タイツはいてるし、今なんてみんなズボンの上にスカートはいているけど・・)

・・・・・・・・・
[PR]
by maryane | 2011-01-21 18:44 | 練習着


スイス在住 スケート ブロンプトン アカヒレ 


by maryane

プロフィールを見る
画像一覧

応援念送信中:

++++++++++++++
真央ちゃんは戦う天使
カロやんのsk8が好きだ
あっこちゃんのsk8が好きだ
大ちゃんのsk8が好きだ
ゆづが楽しみでたまらない
ジェイソンブラウンが熱い
++++++++++++++++
外部リンク
たらのフィギュアスケート日記さん

最新の記事

久しぶりにBrompton ..
at 2017-08-21 05:48
猫の人間トイレトレーニング/..
at 2017-01-27 04:16
ブラックエディションかっこええ
at 2016-12-30 07:15
ブロンプトンTバッグをバック..
at 2016-12-23 06:43
フィギュア ワールド2015..
at 2015-03-30 06:13
宇野昌麿 日本男子現役最高の..
at 2014-12-21 07:18
宇野昌磨のジャンプ後流れ出し等
at 2014-11-25 06:15
ゆづの中国杯 フリー回りがと..
at 2014-11-09 16:36
あんどん掛け
at 2014-05-10 02:21
でかペットボトルでアクア
at 2014-05-08 22:27

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
more...

カテゴリ

全体
サイバーがわからん
スイスで・は
泣けてくるのよ
花鳥猫風緑水空
ピアスな彼
スケベの捕らえ方
画面の前で拍手
ココロ日記
お手作り・・
ムスメら
がーデニング
アクアリウム
スケート
うーしースケート日記
花瓶でアクアリウム
本日もまたエコじゃなかった
今日はエコだった
テスト
大会
自転車
コスチューム
練習着
上と下だからうーとしー
電子書籍?自炊?リーダー?
未分類

記事ランキング

検索

タグ

(448)
(89)
(60)
(50)
(44)
(43)
(38)
(30)
(22)
(18)
(17)
(17)
(16)
(14)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル